【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

コーヒーサーバーと自動販売機の違いや特徴を徹底比較!

公開日:2020/03/01  最終更新日:2020/03/09

オフィスでの従業員の飲み物に関する便宜を図ろうと考えたときに、コーヒーサーバーをレンタルするか自動販売機を契約するかで悩むことがあるでしょう。それぞれの特徴を理解してみるとどちらのほうが現場に合っているのかがわかります。

特に二つの違いについて詳しく知っていると判断しやすいので、相違点を徹底的に解説します。

誰が費用負担をするかが異なっている

レンタルコーヒーサーバーと自動販売機について経営者から見ても従業員から見ても大きく異なるのが費用の負担のあり方です。

コーヒーサーバーを設置した場合には使用する従業員の費用負担は基本的にはありません。従業員から一定のお金を徴収して導入するというやり方は一般的ではなく、通常は福利厚生として提供しています。サーバーのレンタル費用や電気代、水道代だけでなく、使用するコーヒー代についても会社側で負担するという仕組みになるのが通例です。従業員の満足度を上げるという意味では大きな効果を期待できますが、経営コストが上がるという点には注意しなければなりません。

それに対して自動販売機の場合には買いたいと思った従業員がお金を払うことになり、通常は設置費用やメンテナンス費用を業者が負担してくれるのでランニングコストは電気代程度です。福利厚生として使うためにコーヒーの単価を下げて、一部の費用を会社が負担するということはできますが、無料で買えるようにするのは一般的ではありません。

商品のラインナップに関する違いも大きい

商品としてどのようなコーヒーがあるかについてもかなりの違いがあります。どちらの場合にも設置する業者が提供する商品ラインナップからいくつかを選ぶという形になっていて、選べる銘柄数は機種によって異なっているというのが基本です。

コーヒーサーバーの場合には一銘柄から三銘柄程度というのが一般的なのに対し、自動販売機なら十銘柄以上は入れられます。また、自動販売機の場合にはコーヒー以外にも紅茶や緑茶、清涼飲料水やエナジードリンクなども入れられるのが普通です。

コーヒーサーバーの場合にはコーヒーのみの場合が多く、いくつかの業者では紅茶などのお茶類やスープなども商品ラインナップに含めているという程度になっています。

コーヒーの抽出についても違いがある

コーヒーサーバーと自動販売機の大きな違いとしてコーヒーの抽出に関するポイントがあります。自動販売機では既製品のコーヒーを缶やペットボトルに入れてあるものを買えるのに対し、コーヒーサーバーの場合にはコーヒーの粉から抽出するかインスタントコーヒーと同様の顆粒からコーヒーを淹れる仕組みになっているのです。特に粉から淹れているサーバーであれば淹れたての香り高いコーヒーを飲むことができるでしょう。

また、温度についても違いがあり、サーバーを使っている場合には熱湯で淹れたものをすぐに手に入れられます。自動販売機の場合には保温されている温かいコーヒーと、冷たく冷やしたアイスコーヒーを選ぶことが可能です。

それに加えてコーヒーサーバーが特徴的なのはブラック以外にするときにも自由度があることです。砂糖やミルクの量を自由に設定して淹れられる仕組みになっているサーバーが多いので、好みのバランスにしたものを飲めます。

 

コーヒーサーバーの場合には会社が費用を負担するのに対して、自動販売機では主に従業員が費用を負担することになります。商品のラインナップについてはサーバーの場合には数種類のコーヒーのみという場合が多いものの、自動販売機ならお茶なども含められるのが一般的です。一方、コーヒーサーバーならその場で熱湯を使ってコーヒーの粉や顆粒から新鮮なコーヒーを淹れてくれるというメリットもあります。

どちらが良いかはケースバイケースなので、よく違いを吟味して選ぶようにしましょう。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧