【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

エームサービス(Cafeside)の画像

おすすめポイント自慢の自社焙煎コーヒーと4種類のプラン

コーヒーサーバーオフィスレンタル、おすすめ第4位は「エームサービス」です。

エームサービスは元々、三井グループとアラマーク社による合弁会社として設立され給食事業など様々な施設のフードサービスに携わってきた会社です。

コーヒーだけではなくウォーターサーバーや給茶機などの飲料事業も含めて行っています。

食品全般に関わる事業経験が長いため、衛生面や品質には安心感を持てるでしょう。

エームサービスでは4種類のコーヒープランが用意されており、こだわりの自社焙煎コーヒーや多様なフレーバーの飲料を楽しむことができます。

バリエーションが多いため、利用者の飲み方や環境に沿った提案をしてもらえるでしょう。

またコーヒーの品質を高めることにも大変力を入れており、豆の選定から焙煎時の湿度、温度管理調整、梱包までトータルで良い商品になるように細かく気を配りながら完成させています

新鮮なうちに消費者に届ける工夫も多くされているようです。

そして一杯取りのマシンが他社に比べて多く取り揃えられていることも大きな特徴です。

全マシン無料でお試しができるため、気になる方は問合せてみると良いでしょう。

普段のマシンレンタルでも本体は無料で借りられますし、故障時もすばやく無償で対応してもらえるので安心ですね。

マシンを導入した方からの声では、来客の方に美味しいと評判だったという話もあるようです。

味に関しても信頼できるでしょう。

4種類のオフィスコーヒープラン

エームサービス(Cafeside)の画像
エームサービスではマシンとコーヒーが4種類のブランドに分けられており、利用者それぞれの環境に合うようにバラエティに富んだプランが提供されています。

具体的には、厳選された自社焙煎コーヒー豆を使用した「FRESH BREW」、「OFFICE Cafe」の他に「ネスプレッソシステム」、「マースドリンクシステム」の中から選択することができます。

今まで調べてきた中で多くのプランを組んでいる会社はあまり見かけませんでしたが、選択肢が多いと利用者の要望に細かく応えることが出来そうで良いですね。

美味しさへのこだわりや気軽さ、フレーバーの種類の豊富さなど各ブランドごとに特徴がありますので、これから紹介していきます。

「FRESH BREW」は挽きたて、淹れたての新鮮な自社焙煎エスプレッソコーヒーをいつでも飲めるようにすることで社内カフェのようなリラックス空間を提供するブランドです。

鮮度の良いコーヒー豆とユーラ社の一杯取り高品質マシンによる“特別な一杯”で社員の良好なコミュニケーションを促し、仕事の効率を向上させるという狙いがあります。

美味しいコーヒーで疲れが取れ、すっきりした頭で新しいアイデアが思いつくようにもなるかもしれませんね。

「OFFICE Cafe」も自社焙煎コーヒー豆が自慢のオフィスをカフェのような雰囲気にすることを目指すブランドですが、こちらは5~12人用のデカンタ式のマシンがレンタルできるプランになっています。

温風ヒーターでデカンタごと温めるシステムが採用されているため、煮詰まる心配がなく大人数での会議などにも活躍しそうです。

また休憩時や仕事中などシチュエーションに合わせた様々な種類のドリップコーヒーが12種類も用意されているのが大きな特徴になります。

毎日の気分や時間帯により、違った風味のコーヒーが飲めるのは気分転換になって仕事も捗るでしょう。

ただ、一杯ずつの抽出ではないので、社員一人ひとりの好みに合わせるのが難しい点は種類が多いからこそ少し残念ですね。

コスパ重視で美味しいコーヒーを楽しみたい方にはおすすめのプランです。

「ネスプレッソシステム」は忙しい毎日でも、まるでバリスタが一杯ずつ淹れたような贅沢なエスプレッソコーヒーが気軽に楽しめるブランドです。

オフィス空間に最適なスタイリッシュなデザインで機能的にも優れているポッドタイプマシンとネスプレッソマシンが採用されています。

そして世界のコーヒー豆の中でも約10%程度といわれている「スペシャリティコーヒー」を使用している、ネスプレッソポッド12種類とネスプレッソカプセル24種類が用意されているのもポイントです。

さらにコーヒーの鮮度を保つため、アルミニウム素材の容器に真空パックされています。

多くの種類からお気に入りを見つけるのが楽しみになりそうですね。

また希少価値が高いコーヒーは来客対応の際に提供すると喜ばれることでしょう。

こちらのブランドは他の企業と差をつけたいという方は使用してみては如何でしょうか。

「マースドリンクシステム」はコーヒーだけではなく紅茶やホットチョコレートなど20種類以上の飲み物が、一杯抽出タイプのドリンクマシン1台で淹れることができるプランです。

アメリカのコーヒーチェーン店アルテラの高品質なドリンクパックが使用できます。

パックからそのままカップに入れるシステムになっているため非常に衛生的で、次の一杯に香りが付いてしまうなどのトラブルは起きません。

ミルクパックを組み合わせて飲み物の種類の幅をさらに広げることもできるという特徴もあります。

たとえば緑茶に合わせてグリーンティラテにしたり、ホットココアと合わせてチョコレートラテにしてみたりと多くのラテドリンクを楽しめます。

一台でこんなに多くの飲み物が楽しめるなんて、お得感がありますね。

60秒で素早く抽出できるので忙しくて飲み物を淹れる暇もないという方にもおすすめです。

美味しい自社焙煎コーヒーができるまで

エームサービス(Cafeside)の画像
エームサービスでは「FRESH BREW」と「OFFICE Cafe」で使用するコーヒーを自社の焙煎工場(ロースティング・ファクトリー)で加工から製品化するまで一括で管理しています。

そして使用する豆はブラジル、コロンビアなど世界中の質の良いものを専門のコーヒー鑑定士が厳選し、ブレンドしているようです。

また、コーヒーをつくる上で「焙煎」は味と完成度を決定する大変重要な工程です。

じっくり焙煎することにより、良い香りや深い味わいが滲み出てくるため、非常に繊細に気温、湿度の管理をしなくてはいけません。

エームサービスでも、もちろんこれらは徹底されており、焙煎途中でも色や香りを細かく確認、調整し日々究極の一杯を目指しているのです。

さらに豆の産地の特質を最大限に生かせるように、酸味がある”浅中煎り”から苦味の”深中煎り”まで煎り方も最適なものを選択しているそうです。

そして、焙煎された商品は当日中に包装され、3日以内に工場から出荷されるため新鮮なうちに利用者の元に届けられるのですね。

このことから、新鮮で高品質なコーヒーが完成する理由には、豆のプロフェッショナルが在籍していることや焙煎技術の高さ、出荷までの一括管理が関係していることが分かるでしょう。

エームサービスでは自社焙煎コーヒーの他にもプレミアムネスプレッソや種類が豊富なドリンクパックを扱っていますので気になる方はホームページで確認してみましょう。

一杯取りのマシンが充実

エームサービス(Cafeside)の画像
エームサービスでは一杯取りのコーヒーマシンが他の会社に比べて多く取り揃えられている印象があります。

「FRESH BREW」と「ネスプレッソシステム」、「マースドリンクシステム」の3種類のプランで高機能のマシンを使用することができますので、一杯ずつ丁寧に人の手で淹れられたようなコーヒーが良いという方はエームサービスに注目ですね。

見た目がスタイリッシュなものや操作性が良いもの、省エネ機能が付属しているマシンなどの用意があるため味だけではなく機能性にも注目して選んでみましょう。

一杯取りのマシンは作り置きではないので社員の利用時間がバラバラであったとしても、いつでも淹れたてを飲めるため近年人気を集めています。

エームサービスはマシンの種類も豊富ですので気になるものをピックアップしてみましょう。

また、現在エームサービスでは全てのマシンの無料お試しキャンペーンを行っていますので、導入前に気になるマシンをこの機会を利用して実際に使ってみることをおすすめします。

また通常時のマシンのレンタル料金は無料です。

故障時にも24時間以内に無償で対応してもらえるそうなので、アフターサービスにも安心できますね。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧