【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

小規模なオフィスには小型タイプのレンタルコーヒーサーバーがおすすめ

公開日:2021/06/15  最終更新日:2021/03/09


現在では企業の間でコーヒーサーバーのレンタル導入が進んでいます。従業員が自前でお茶を用意したり、購入するために外出する必要がなくなるなどが主な理由で福利厚生条件を充実させることができるため人気です。オフィスの規模に応じたレンタルコーヒーサーバーを選択することが可能で、さらに小型のタイプも選択されるようになりました。

オフィスのサイズにあわせて最適のサイズを

レンタルコーヒーサーバーは普及が進んだこともあり、多数の人数を賄うタイプだけでなく小規模のオフィスにも対応する小型のタイプも登場してきました。あたかもバリスタが淹れたような薫り高く豊かな味わいの本格的なコーヒーなどを提供することも可能です。

容量が少ないタイプでは5人から10人まで対応するデカンタ・ポットタイプや、1杯ずつ作るドリップタイプなどきめ細かいニーズに対応しています。レンタルコーヒーサーバーには大中小のサイズがあり、オフィスの規模や予算に応じていろいろな商品のラインナップが用意されています。

レンタルすると聞くと、契約から設置するまでの手続きが面倒な印象を持っているかもしれません。そのような心配は不要で、契約して現場に設置するまでの手間はすべて専門業者が行ってくれるので余計な負担は不要です。小型コーヒーサーバーのメーカーからの取り寄せからオフィス内への搬送まで自社社員の手を煩わせることはありません。

コンパクトな場合、簡単に設置できることも

指定した場所にレンタルコーヒーサーバーを設置し、テストをして動作確認できたら作業は完了します。実際の使い方なども専門業者がレクチャーしてくれます。導入する側とすれば、オフィスのどこに置くかを決めるだけです。オフィスの規模によっては、さらに小型の卓上タイプの小型のレンタルコーヒーサーバーも用意されています。

ただしこれほど小型のサイズになると設置は自前で行うことになります。とはいっても小型の卓上サイズであれば、安定した場所に設置して、コンセントにプラグをさすだけで設置準備は完了します。必要なスペースもA4コピー用紙サイズと同様なのでほとんど場所はとりません。

小型のレンタルコーヒーサーバーといっても、スペック自体は大型のタイプにひけを取ることはなく、誰でも美味しいコーヒーを堪能できます。操作もスイッチを押すだけの簡単作業なので、オフィス内で周知するのも簡単です。矢印や数字を選択するだけの簡単な操作性です。

コーヒーサーバーで世界の銘柄を楽しめる

小型レンタルコーヒーサーバーを利用することの大きな魅力は、世界の有名銘柄のコーヒーをチョイスすることが可能なことです。世界三大コーヒーとして有名なのは、キリマンジャロ・ブルーマウンテン・コナの3銘柄になります。

キリマンジャロは東アフリカのタンザニア北部の高原地帯で収穫されるコーヒー豆、大粒でふっくらしており独特の酸味と甘い香りのするコクのある味わいです。

ブルーマウンテンはジャマイカの同じ名前の山脈で栽培収穫されるコーヒー豆。「黄金バランス」とよばれるほどの香り・味・コクのすべてが調和した最高級の風味が特徴です。

そしてコナはハワイ半島南西部だけで栽培されており、生産量こそ全世界で1%を占めるにすぎません。しかし酸味がやわらかく甘い香りでスッキリした味わいには人気があり、世界的ブランドになっています。

このようにそれぞれの有名銘柄の中から、好みに応じていろいろな銘柄のコーヒーを味わえるのはレンタルコーヒーサーバーならではの魅力といえます。

 

最近ではレンタルコーヒーサーバーを導入する会社が増えたこともあり、小さなオフィスにも対応する小型のタイプも登場しています。小型のものでは卓上タイプもあり、オフィスの規模に応じて最適のタイプを選択することがポイントです。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧