【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーは一般的な電源で大丈夫?

公開日:2020/09/01  最終更新日:2020/08/21

レンタルコーヒーサーバーを使いたいけど、電源が気になるという場合もあるようです。基本的な構造として、オフィスや自宅で使用できるよう設計されており、24時間365日、常にプラグ入れたまま使うため、採用する場合は事前にチェックしておきましょう。ここではレンタルコーヒーサーバーを利用する際の電源についてお話しします。

レンタルコーヒーサーバーはオフィスや自宅でも使える

レンタルコーヒーサーバーは基本的に国内であればどこでも利用できるよう設計されているため、電源についてとくに心配する必要はありません。よく利用されているオフィスでも、パソコンやコピー機やシュレッダーなどの一般的なOA機器に使われているのと同じプラグを使用するため、オフィス内や廊下などさまざまなスペースに設置してもらえます。

一般的なOA機器の場合は電源にプラグを差した状態でオン/オフできますが、レンタルコーヒーサーバーの場合はそのようなスイッチ機能がないため、プラグを差した時点で自動的に稼働し始め、またプラグを外すと加熱や浄水器機能、コーヒーの抽出他の全機能を停止します。

そのため設置後は、常に電源に差した状態にしておくことになります。タンク内の水がなくなったり、コーヒーが出なくなったりしたからといってプラグを外さないようにしてください。レンタルコーヒーサーバーには、自動殺菌機能を有するものもあるため、衛生状態が悪化するリスクが生じます。

電源の位置や数が設置場所に影響する

レンタルコーヒーサーバーの設置場所は電源の数や位置に左右されるため、事前にチェックしておきましょう。オフィス内に設置したいけれど使用しているOA機器で電源がふさがっている場合は、給湯室に設置することもあります。電源の位置も大切なポイントになっており、とくに設置場所に大きく影響します。

プラグの長さは、短いもので1mほど、長いものだと3m前後になっていて、可能な限り電源に近い場所に設置するのが理想的です。離れすぎていると問題が生じます。美観的によくありませんし、移動する際にコードを踏んでしまったり、足が引っかかったりするリスクもあります。

ただし、過剰に悩む必要はないでしょう。一般的なオフィスであれば、さまざまなOA機器を使えるように十分な電源数が確保されているからです。また、24時間365日稼働することを前提にしているので、使うときだけプラグを入れ、使い終わったらプラグを抜くというような使い方はよくありません。

節電に威力抜群スリープモード機能付きレンタルコーヒーサーバー

24時間365日電源を入れたままの状態で利用するため、電気代が気になるかもしれません。そんなときは、待機電力モードのあるレンタルコーヒーサーバーを揃えた業者をおすすめします。テレビやパソコンやディスプレイには、一定時間使用しない場合、自動的にスリープ状態に入り、節電する機能がついていますよね。

それと同じようにレンタルコーヒーサーバーにもスリープ機能付きが登場しており、電気代節約に役立ちます。スリープ機能付きレンタルコーヒーサーバーの場合は、照明の光度を感知して自動的にスリープモードに入ります。

スリープと言っても最低限の機能を保持しているため、誰かが近づいてボタンを押せば、すぐに稼働するので不便さは感じません。また電気代を節約したいときは、温水と冷水タンクを独立させたデュアルタンクモデルもおすすめできます。それぞれのタンクが独立しているため、余計な加熱や冷却を避けて節電できます。

 

レンタルコーヒーサーバーは、電源の数や位置によって設置できない場合もありますが、一般的なオフィスなら問題なく対処できます。電気代がもったいないからといって、頻繁にプラグを抜いたり、指したりするのはよくありません。節電機能の高いスリープ対応モデルなどが登場しているため、電気代が気になる場合は、問い合わせすることをおすすめします。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧