【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーで選べる支払方法

公開日:2021/02/01  最終更新日:2020/11/18


美味しいコーヒーを簡単に楽しめるコーヒーサーバーですが、機能が充実しているものはお値段が高いので自分や会社で本体を購入するのは考えてしまいますが、無料や少額の費用でレンタルできます。そこでコーヒーサーバーをレンタルする時に選べる支払い方法や、コーヒーサーバーを選ぶ基準などを紹介していいます。

コーヒーサーバーは借りられるの?

美味しいコーヒーをいつでも飲みたいけれど一杯ずつドリッパーで淹れるのも、来客やスタッフのために何度もコーヒーを用意するもの手間ですが、そんな時に便利なのがまとめてコーヒーを淹れることができる自動のコーヒーサーバーです。

サーバーには水と挽かれたコーヒー豆をフィルターのしいたドリッパーに入れるだけで自動コーヒーを淹れてくれるドリップ式と、深煎りのコーヒー豆を沸騰水で加圧して淹れるエスプレッソ式、喫茶店にあるような昔ながらのサイフォン式があります。

オフィス用としてよく使用されているサーバーは、いつでも淹れたての香りが楽しめる1杯ずつコーヒーが作れるこだわりのタイプと、一度に数人分のコーヒーが作れて保温機能もある大人数のオフィスに便利でまとめて抽出できるタイプがあります。

レンタルできるオフィス用のサーバーにもいろいろな種類があり、1杯ずつ淹れたてを楽しむことができるドリップ式やエスプレッソ式、1度に5~10杯のコーヒーを淹れることができる大容量タイプなど会社の規模や利用する人数に合わせて選ぶことが可能です。

さらに、コーヒーだけでなく緑茶・ほうじ茶・玄米茶・ウーロン茶・麦茶・紅茶・味噌汁・スープなどいろいろな種類の飲み物が楽しめるドリンクサーバー、冷水や温水がいつでも飲めるウォーターサーバーの機能が付いたコーヒーサーバーなど多機能なサーバーも借りることができます。

レンタルコーヒーサーバーの支払い方法

コーヒーサーバーをレンタルする時には、個人であればクレジットカードやコンビニ決済・電子マネーなどを利用できますが、オフィスの場合は基本的には請求書を受け取ってからの振り込み払いになりますがクレジットカードでの支払いに対応している会社もあります。

コーヒーサーバーを使用する時には、本体を借りる費用やコーヒー豆やフィルターなどの消耗費が月々にかかりますが、レンタルを行う会社によってサーバーを借りる費用は無料でもコーヒー豆の購入費を支払う必要がある場合や、コーヒーサーバーのレンタル費やメンテナンス費が月々かかる場合などコストが異なってきます。

個人やオフィスどちらもレンタルする会社を選ぶ際には、有料でもサーバーだけを借りて好きなコーヒー豆を別に購入して楽しむほうがよいのか、無料や低額のコーヒーサーバーを借りてコーヒー豆を月々支払うほうがよいのか、毎月に必要なコストを踏まえて検討しておくことも必要です。

レンタルする前にしっかり確認しましょう

コーヒーサーバーをレンタルする時は毎月に必要なレンタル費用だけでなく、設置費用や契約期間・解約時の解約料金などの条件面も合わせて確認をして見積もりを取っておくと安心です。レンタルできるコーヒーサーバーは短期でも長期でも利用できますが、大人数が使用するオフィスなどはとくに長期間使用する方が、サーバーを自社で購入して定期的に買い替えるよりコストが安くなります。

オフィスに導入する時は、普段のコーヒーの使用量だけでなく、コーヒー豆の好みやエスプレッソやカフェオレ・カフェインレスコーヒー・アイスコーヒーといった会社にあったらうれしい機能などスタッフの希望を事前にヒアリングしておくと、福利厚生にもなるのでおすすめです。

多くのコーヒーサーバーは、正式にレンタル契約をする前に数日間の無料お試しをできるのでコストの面だけでなく、毎日美味しいコーヒーを楽しむことができるコーヒーサーバーを選んでください。

 

水とコーヒー豆を用意するだけで簡単にコーヒーが作れたり、プロが淹れたようなこだわりのコーヒーを楽しむことができたりと便利な機能がたくさんあります。毎日美味しいコーヒーを楽しむために一番よいレンタルサービスを選びましょう。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧