【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーでコーヒーを酸化させないためのポイント

公開日:2020/08/01  最終更新日:2020/08/03

レンタルコーヒーサーバーがあればいつでも手軽にコーヒーを飲むことができます。コーヒーは認知症や糖尿病の予防や脂肪燃焼効果などがあるため、健康のために飲む方も多いでしょう。しかし酸化したコーヒーを飲んだ場合、健康に悪影響を及ぼす可能性もあります。今回は、コーヒーを美味しく飲むためのポイントをご紹介します。

コーヒーを美味しく飲むためには

「コーヒーが酸化してしまった」という話を聞いたことのある人は多いでしょう。これはコーヒーが酸素と反応して結び付いた状態であり、品質が劣化してしまったものだと考えることができます。コーヒーが酸素と結び付くと苦みや渋味が強くなってしまうため、飲んだときに不快感を覚えやすくなります。

美味しい酸味とは異なり、嫌な酸味も加わってしまうのです。淹れ立ての爽やかな飲み心地とはかなり異なりますし、一口飲めば違いに気づくでしょう。レンタルコーヒーサーバーで美味しいコーヒーを飲みたいという場合、酸化を防ぐことが大切なのです。

実は酸化したコーヒーが健康に悪影響を及ぼすという根拠はありません。しかし、人によって体質は違いますし、中には胃の不快感や下痢といった症状が出てしまう人もいるので注意が必要です。基本的に酸化する理由は光や湿度であり、これらを避けることが劣化を防ぐことにつながります。

コーヒーの酸化を防ぐ方法をチェック

レンタルコーヒーサーバーのコーヒーの酸化を防ぐには、まずは新鮮な豆を選ぶことから始めましょう。焙煎してから時間が経っているコーヒー豆の場合、未開封でも酸化が進んでいる可能性があります。そのためできるだけ新鮮な商品を取り扱っている店舗でコーヒー豆を購入するとよいでしょう。

また、コーヒー豆はこまめに購入することもポイントです。一度にまとめて購入するのは楽ですが、保存期間が長くなると品質の劣化につながります。さらに劣化を防ぎたい場合、粉に挽いた状態ではなく、豆の状態で購入するのがおすすめです。

粉の状態だと空気に触れやすくなるため、より酸化しやすくなるのです。レンタルコーヒーサーバーでコーヒーを淹れたら、時間をかけてゆっくり飲むという人も多いかもしれません。一度にたくさん淹れると楽ですが、時間が経つと酸化が進みます。美味しいコーヒーにこだわる場合、一度に飲みきれる量だけを淹れることが大切です。

コーヒー豆の保存方法も大切です

レンタルコーヒーサーバーのコーヒーを酸化させたくない場合、コーヒー豆の保存方法についても考える必要があります。新鮮なコーヒー豆を購入しても保存方法によっては、すぐに品質が劣化してしまうのです。まずはコーヒーが酸素に触れないようにするため、密閉された容器に入れておくことが大切です。

さらに、透明な容器ではなく、光が遮断されるタイプの容器が最適です。ジッパー付きの袋も便利ですが、閉める際にきちんと空気を抜くようにしましょう。また、コーヒー豆を透明な袋に入れたら、さらに紙袋などに入れて光を遮断することも重要です。

保存場所は温度変化の少ない冷暗所にしましょう。冷蔵庫や冷凍庫に入れてもよいですが、出し入れの際に極端な温度変化が起こるのはよくありません。温度変化によって水滴が付くこともあるため、新鮮なうちは常温で保存した方がよいでしょう。酸化を意識した場合、コーヒー豆の賞味期限は2週間~1ヶ月程度となります。

 

時間が経って酸化したコーヒーは飲みたくないものです。品質が劣化すると美味しくなくなってしまうだけでなく、体調にも影響を与える可能性があります。少し手間がかかるかもしれませんが、レンタルコーヒーサーバーで美味しいコーヒーを飲むためには、新鮮な豆を選ぶことや保存方法に気を付けることなどが大切です。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧