【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

コーヒーサーバーのレンタルにおいて注意したいポイント

コーヒーを毎日飲みたいという人もいると思いますが、毎日ドリップするのは時間や手間がかかって大変ですし、上手く淹れられないこともあるかもしれません。

コーヒーを毎日飲みたいという場合、自動でコーヒーを淹れてくれるコーヒーサーバーをレンタルするのがおすすめです。

コーヒーサーバーは誰でも手軽に均一の味を再現することができますし、コーヒーを抽出する手間を減らすことができるのです。

では、レンタルする際の注意点を見ていきましょう。

 

コーヒーサーバーをレンタルとは

美味しく淹れるためにはさまざまなコツがあり、初心者が安定して美味しいコーヒーを淹れることは難しいとされていました。

コーヒーサーバーを利用することにより、初心者でも安定した味のコーヒーを淹れることができるのです。

抽出方式はドリップ式となっており、紙のフィルターなどでコーヒーの粉をろ過して抽出しています。

安いサーバーだと最低限の機能しかついていませんが、高価なサーバーだと豆を粉にするミルが一体式になったタイプのものや浄化機能のついたタイプなどもあります。

ですが、付属機能の性能についてはそこまで優れているわけではなく、別のものを購入した方が美味しいコーヒーを淹れられることもあるのです。

コーヒーサーバーをレンタルした場合、毎月1万円程度で利用することができます。

1杯20~40円で淹れることができるため、かなりお得と言えます。

 

コーヒーサーバーをレンタルする時の注意点

コーヒーサーバーは便利な器具ですが、レンタルする際には注意点もあることを知っておきましょう。

この器具は全てにおいて優れているというわけではなく、特に味に関しては他の抽出方法より劣ってしまうこともあるのです。

同じ豆を使った場合、ペーパードリップやネルドリップ、サイフォンといった抽出方法の方が味が良くなることがほとんどです。

また、コーヒーサーバーで抽出したコーヒーの場合、苦味が強い傾向もあります。

サーバーの方式はペーパードリップと同じであり、お湯を沸騰させて少しずつお湯を注いでいくという方法です。

ドリップ式にとって重要な蒸らしの機能も持っていますが、自動なので蒸らす時間については調節できません。

コーヒー粉とお湯との接触時間が長くなった場合、成分を抽出しすぎてしまうこともあるため、結果として苦味が出やすくなってしまうのです。

さらに、コーヒーサーバーのドリッパーは2~4人用のサイズのものが多く、それ以上のコーヒーを抽出しようとした場合、コーヒーの濃度が高くなってしまいます。

 

コーヒーサーバーのメンテナンス

レンタルできるコーヒーサーバーには、ドリッパーや水を沸騰させるボイラーなども一緒になっています。

そのためコーヒーの粉をセットし、水を入れるだけで自動的にコーヒーを抽出してくれることがポイントです。

時間や手間はかかりませんし、とても便利な器具であると言えるでしょう。

しかし、便利な器具といっても使い方には注意が必要です。

コーヒーサーバーと並んでよく使われるペーパードリップと比較した場合、メンテナンスに手間がかかってしまいます。

コーヒーサーバーの仕組み自体は簡単ですが、いろいろな部品によってできている機器なので仕方ないことだといえるでしょう。

ちなみに、業者の中にはメンテナンスサービスを行っているところもあります。

さまざまな業者がコーヒーサーバーのレンタルを行っていますが、業者を選ぶ時にはレンタル料だけでなく、メンテナンスサービスの有無についても確認しておきましょう。

夜間でも対応してくれる業者ならいざという時に、サーバーが使えないといったトラブルを避けることができます。

 

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
記事一覧