【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーの支払い方法とは?

公開日:2019/10/01  最終更新日:2019/10/02


レンタルコーヒーサーバーを利用するときにはどのような支払い方法を選べるのかが気にかかる場合もあります。業者によって違いがあるのは確かですが、一般的な傾向を理解して安心して契約を進められるようになりましょう。

どんな費用を支払うのかをまず理解しよう

コーヒーサーバーをレンタルしているときの支払い方法を理解する前に、まずはどんな支払いがあるのかを知っておくと役に立ちます。

コーヒーサーバーを提供してもらっているのでそのレンタル費用がかかるのではないかと考える人もいますが、大抵の業者では無料になっていて毎月一定額を支払う必要はありません。選んだサーバーによってはいくばくかの固定費用を支払わなければならないこともあるものの、ほとんどのケースでは月額費用がないのです。

ただ、支払いは毎月おこなう仕組みになっていて、コーヒーを購入した代金を払うことになります。通常時はコーヒーの購入費用しかかからないのでどれだけ使ったかによって請求金額が異なると理解しておくと良いでしょう。

ただ、業者によってはこれ以外に費用が発生することもあります。業界ではサーバーの導入費用も無料にするのが標準的になっていますが、業者によっては初期費用を支払わなければなりません。

また、月額費用の他にメンテナンス費用を要求されるケースもあり、メンテナンス回数に応じた金額が定められていたり、年に数回だけ定期的に定額で請求されたりする場合があります。

このような費用が発生したときにも支払うことが必要になるので念頭に置いておきましょう。また、短期のレンタルの場合にはレンタル料が発生することもあります。この場合にはコーヒー代と合わせて一括請求される仕組みになっているのが通例です。

支払い方法は基本的には二つだけ

オフィス向けのレンタルコーヒーサーバーを提供している業者では基本的には二通りの支払い方法を用意しています。個人向けの場合にはコンビニ決済や電子マネー支払いなどのさまざまな支払い方法に対応しているケースが多いですが、企業を相手にしている業者の場合には請求書払いかクレジットカード払いが標準的です。

毎月のコーヒーの消費量やメンテナンス費用などを合わせたものが請求書として送られてきて、その内容に従って銀行振込などで支払うことになります。毎月のことなので引き落としにすることも可能で、法人口座を用意しておけばスムーズに手続きができるでしょう。

一方、クレジットカード払いの場合には通常はコーポレートカードが求められます。ただ、個人事業主などのように個人のクレジットカードで経費の支払いをしているケースもあるため、法人でも代表取締役の個人カードで対応してもらえることも珍しくありません。業者によっては代表取締役である必要もなく、立替払をする担当者であればクレジットカード払いに対応してくれることもあります。

後払いが基本だからコストに注意しよう

このようにレンタルコーヒーサーバーの費用は後払いが基本になっています。使ってコーヒーを買ってしまったからには代金を払わなければならないので、どのくらい現場で使うのかを見越して予算を確保しておくことが重要です。レンタルコーヒーサーバーの導入を検討しているときに社員の意向を聞いておよその消費量を予測しておくと役に立つでしょう。

 

コーヒーサーバーをレンタルするときにはオフィス向けの場合には請求書払いかクレジットカード払いになるのが通例です。短期の場合を除くとサーバーのレンタル費用はかからず、毎月支払わなければならないメインの費用はコーヒー代になります。

使用した量によって金額が変動し、どちらの支払い方法を選んだとしても後払いになるので気をつけましょう。どのくらいの消費量になるかをあらかじめ見積もって予算を立てておくのが賢明です。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧