コーヒーって粗挽きと細挽きではどう違うの? | オフィス用コーヒー(マシン)サーバーレンタルおすすめ5選

【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

コーヒーって粗挽きと細挽きではどう違うの?

公開日:2024/03/01  最終更新日:2023/12/19

マンデリンコーヒー

コーヒー愛好家の間では、豆の挽き方が味わいに大きな影響を与えることがよく知られています。とくに、粗挽きと細挽きの違いは、コーヒーの風味を左右するだけでなく、適した抽出方法が変わります。。この記事では、それぞれの挽き方の特徴と、どんな人におすすめかを探っていきましょう。

粗挽きとは?魅力を紹介

粗挽きのコーヒー豆は、その独自の挽き方により、一般的には大きな粒状に仕上げられています。

これは、コーヒー豆の風味を最大限に引き出すための特別な抽出方法に最適です。とくに、フレンチプレスやコールドブリューといった手法では、粗挽きがそのままの特徴を発揮します。この挽き方の最大の魅力は、豊かなアロマとマイルドな味わいになることです。

粗い粒子は、抽出時間を延ばすことでコーヒー豆の深い風味を十分に引き出します。その結果、コーヒーカップに注がれるのは、豆本来の風味が凝縮された味わい深い一杯となります。

粗挽きの利点のひとつは、抽出時に過度な苦味や酸味が抑えられることです。そのため、まろやかで口当たりのよいコーヒーを楽しめます。とくに、コーヒーの苦味や酸味が苦手な方にとっては、粗挽きが穏やかで心地よいコーヒーエクスペリエンスを提供します。

細挽きとは?特徴を紹介

細挽きのコーヒー豆は、挽きたての粒子が非常に細かい状態である特徴を持っています。

これは、豆を挽く際に使用されるミルの調整や技術により実現されます。この挽き方は、エスプレッソやモカポットなど、短時間で強烈な風味を引き出す抽出方法に最適です。細挽きの特徴は、その粒子の微細さにあります。

これにより、豆の表面積が増加し、水との接触がより密接に行われるため、短時間でコーヒー豆のエッセンスを抽出できます。この効果によって、コーヒーの苦味や酸味、香りが強調され、濃厚で力強い味わいが楽しめるのです。

細挽きの豆から淹れられたコーヒーは、その独自の風味と濃厚な味わいから、コーヒー愛好者にとってはとくに魅力的です。また、エスプレッソなどの濃縮した飲み方においては、その豊かなコクとクリーミーな口当たりが際立ちます。

挽きたてのコーヒーは、豆の鮮度や挽き加減が味わいに大きな影響を与えるため、豆の細挽きはコーヒーの最終味において重要な役割を果たします。豆の風味を最大限に引き出し、香り高く濃密な一杯を楽しむためには、豆の種類に合わせた適切な挽き方を心がけましょう。

それぞれどんな人におすすめ?

コーヒー豆は粗挽きか細挽きかによって風味や味わいが大きく変わります。

こんな人は粗挽きがおすすめ!

粗挽きがおすすめなのは、マイルドな味わいを好む方やコーヒーの自然な甘みや香りを楽しみたい方です。

とくに、フレンチプレスやコールドブリューをよく利用する方にも最適です。粗挽きは豆の風味を引き立て、淹れたてのコーヒーを心地よく楽しむことができます。

こんな人は細挽きがおすすめ!

一方で、細挽きは濃厚で強い味わいを求める方やエスプレッソやラテなど、濃いコーヒーを好む方に向いています。

短時間で濃いコーヒーを抽出したい方も細挽きが適しています。細かく挽かれた豆は水との接触面積が増え、濃厚なコクと深い味わいを生み出します。挽き方の選択は、コーヒーの好みや淹れ方によって異なります。

挽きたての豆を使うことで、コーヒー豆の本来の風味を最大限に引き出し、より満足度の高い一杯を楽しむことができます。コーヒー愛好者の方はぜひ、自身の好みや用途に合った挽き方を見つけて、豆本来の素晴らしさを味わい尽くしてください

まとめ

コーヒー豆の挽き方は、その味わいや楽しみ方に大きな影響を与えます。粗挽きはマイルドで自然な風味を、細挽きは濃厚で強い味わいをそれぞれ提供します。それぞれの特徴を知ることで、自分の好みや使用する抽出方法に合わせて、適切な挽き方を選ぶことが可能です。より一層コーヒーの魅力を最大限に引き出すことができるでしょう。

 

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
FVジャパンの画像
記事一覧