【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーを導入するメリットとデメリット

レンタルコーヒーサーバーを使ってみようかと悩んでいるときにはメリットとデメリットを十分に知ることが大切です。

現場で運用するのに適しているのかどうかを正しく判断できるようになるために、基本的なポイントを押さえておきましょう。

 

サーバーをレンタルするメリットとは

コーヒーサーバーをレンタルするメリットとして、まず挙げられるのは初期費用がかからないことです。購入すると数千円から数万円は費用がかかりますが、大抵の業者では初期費用は無料になっています。少なくともキャンペーンなどのタイミングを狙えばコストなしで運用を開始できるでしょう。

また、レンタルの場合にはコーヒーサーバーの台数や種類を変更することもできます。一時的にしか必要がないという場合にも一日単位で対応してくれるのが通例で、オフィスに設置する他に必要に応じて会議用に借りたいといった要求にも応えてもらうことが可能です。

多くの業者では何種類ものサーバーを提供していて、希望すれば変更させてもらえます。スペース的にもっと小さいほうが良い、夏になったからホットコーヒーだけでなくアイスコーヒーも飲めるようにしたい、人数が増えたから大容量にしたいといった話をすると適切なものに入れ替えてもらえるのです。

さらに、業者がメンテナンスをしてくれるのでコーヒーサーバーの清掃やメンテナンスも必要ないというメリットもあります。オフィスでコーヒーサーバーを使用していると誰も洗わなくて汚くなってしまうこともあるでしょう。また、故障してしまったときに誰も手を出さずに放置されてしまうケースもあります。しかし、業者がメンテナンスに来てくれるので衛生状態も良好に保つことができ、故障してもすぐに使えるようになります。

 

コーヒーサーバーを借りるデメリット

コーヒーサーバーをレンタルで使用するデメリットはコーヒー一杯あたりの単価が高くなりがちなことです。初期導入費用やサーバーのレンタル料がかからない場合が多く、サーバーの配送料や設置料なども無料なことが多くなっています。このようなところでコストがかかっているのは明らかで、その分はコーヒー代に上乗せされているのが一般的です。

業務用で大量に買う形になるおかげでそれほど高くならずに済む場合もありますが、長期的に見るとサーバーを買って導入し、安いコーヒーを選んで淹れていたほうが安上がりになることも珍しくありません。ただ、メンテナンス費用なども上乗せされていると考えると決して高くはないと考えることもできるでしょう。

また、自由度が低いというのもレンタルをするデメリットとして挙げられます。基本的には業者からコーヒーを買わなければならず、他のものは使用できない仕様になっているからです。他の銘柄のコーヒーが飲みたい人はサーバーを使うのを諦めなければなりません。マシンを入れ替えることで対応できる場合には要求すれば良いですが、そもそも取り扱っていない銘柄のコーヒーを飲みたいという要望には応えられないのです。

 

業者による違いも考慮して決めよう

コーヒーサーバーをレンタルするメリットとデメリットは業者によってかなり違うのも確かです。

例えば、コーヒーの種類が一つしかない業者もあれば、五種類から自由に選べる業者もあります。後者を選べば銘柄にこだわりのある人のニーズにも応えられる可能性があるでしょう。一方、メンテナンスについては全て自分たちでやらなければならないケースもあり、逆に定期的に機械ごと交換してくれることもあります。

 

コーヒーサーバーをレンタルすると初期費用がかからない反面、コーヒーそのものの価格は高くなってしまいがちです。マシンを自由に入れ替えることはできますが、コーヒーの選択肢については自由度が低いのが問題になる可能性があります。メンテナンスをしてもらえるのはメリットではあるものの、業者によってどのくらいの対応をしてくれるかはかなり違います。レンタルするときにはメリットを大きくし、デメリットをカバーできる業者を選び出すのが大切です。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
記事一覧