【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

コーヒーサーバーはメーカーによって特長に違いはある?

公開日:2020/02/01  最終更新日:2020/02/19

オフィスにコーヒーサーバーを設置しようと考えたときにはレンタルすると便利なのは確かですが、調べているといろいろなメーカーのものを取り扱っている業者があってどこに依頼したら良いかわからずに悩んでしまうことも珍しくありません。メーカーによってどのような特長があるのかを全体的に把握して、契約先を選ぶときの参考にしましょう。

まずはメーカーに着目して比較しよう

コーヒーサーバーを手がけているメーカーは国内だけでも複数あり、さらに海外メーカーの製品も国内で流通しています。レンタル業者では特定のメーカーと提携していて、そのメーカーのサーバーだけをレンタルしているということが多いですが、レンタル業者の数も多いので選択肢はかなり豊富です。

オフィスに設置するときには機能や料金などを考慮してより現場に合っているものを選定するのが肝心で、まずはサーバーそのものの良し悪しを見極めるのが重要になります。その際に着目すると良いのはメーカーがどこか、そしてどんな機種があるかで、最終的には機種ごとの違いを比較検討するに越したことはありません。

ただ、メーカーごとに違うコンセプトを持っているので、同じメーカーであれば基本的な特長はほとんど同じというのが一般的です。まずはメーカーがどのようなコンセプトでコーヒーサーバーを開発してきたのかを見てみるようにしましょう。

メーカーによって強みが異なる

コーヒーサーバーの開発経緯や商品コンセプトについては各メーカーのウェブサイトなどで公表されています。いくつかのメーカーについてその内容を見て比較してみると特長がまるで違うというのに気づくでしょう。コーヒーを淹れられるという点では共通していても、抽出の仕方にはかなりのバリエーションがあります。

粉をセットしたらまとめて10杯分以上も抽出できるというのを強みにしていることもあれば、スイッチを押せばちょうど一杯分の淹れたてコーヒーを提供できるのをメリットにしていることもあるのです。サーバーにまとめてコーヒーを淹れられる場合でも何杯まで淹れられるかという容量を強みにしているメーカーもある一方、淹れたコーヒーを保温して美味しさを保つことに注力しているメーカーもあります。

セールスポイントを見てみるとどんな強みを持っているのかははっきりとわかるので、各メーカーの特長を商品説明から読み取ると良いでしょう。

メーカーによる特長の違いをニーズと対照しよう

メーカーごとの強みがわかれば特長に基づいたコーヒーサーバーを選び、そのサーバーを取り扱っているレンタル業者と契約するという段取りで導入を進められます。ただ、どんな特長があれば良いのかというのは大きな問題になる場合が多いでしょう。

重要なのは現場のニーズを確認して比較対照することです。どんなシーンでコーヒーを飲みたい人が多いのか、コーヒーに対するこだわりがどのくらいあるのか、一日あたりに消費される量はどの程度なのかといった観点から対照してみると良いでしょう。するとどんな特長があるのをポジティブに捉えるべきかがはっきりとわかり、このメーカーのコーヒーサーバーが最適だと判断できるようになります。

 

コーヒーサーバーのメーカーはそれぞれが独自のコンセプトを持って開発を進めてきているため、特長には個々に大きな違いがあります。どんな点を強みにしているかをメーカーのウェブサイトで確認してみるのが良い方法です。

そして、その結果としてわかった特長について現場のニーズと比較対照してみましょう。ニーズに応えられる特長があるコーヒーサーバーを選べば多くの人が満足してくれます。あらかじめ現場での情報収集をしておくとスムーズにレンタルするサーバーを決められるでしょう。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧