【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルサービスのあるコーヒーサーバーの選び方

公開日:2020/04/01  最終更新日:2020/04/20

コーヒーサーバーをレンタルで導入しようと思っているときにはどのようなポイントを押さえて選んだら良いのでしょうか。取り扱いのある業者が増えてきているので、どんな基準で考えて選択すると失敗がないのかを確認しておきましょう。

淹れられるコーヒーの種類を比較しよう

コーヒーサーバーをレンタルするときには淹れられるコーヒーの種類をまず比較してみるのが大切です。レギュラーコーヒーだけしか淹れられないものもあれば、エスプレッソやカプチーノを淹れられるサーバーもあります。

また、同じレギュラーコーヒーでも濃さを調節して一杯ずつ抽出できるものもあれば、大量に一度に同じ濃さで抽出して保温しておけるタイプのものもあるなど、仕様についてはかなりの多様性があるのが実態です。淹れられる種類と合わせて、現場での使いやすさも考慮して選ぶようにしましょう。

コーヒーの種類についてはコーヒー豆の種類、焙煎の仕方といった違いもあります。業者によって取り扱っているコーヒーの粉にも違いがあり、サーバーによっては市販のコーヒーを使用することも可能です。どんなコーヒーを飲みたいかによって慎重に吟味して選ぶのが大切で、美味しくて毎日でも飲みたいと思うものを探し出せたら導入成功と思えるでしょう。

導入方法とメンテナンスの内容を確認しよう

レンタルの場合には業者に搬入してもらってコーヒーサーバーを設置し、その後のアフターサービスを受けながら利用するのが一般的です。ただ、導入の方法やメンテナンスやアフターフォローの内容については業者によって異なっているので確認する必要があります。

一般的には日程を調整して依頼した日に来てもらい、指定した場所にサーバーを設置して使用方法の説明を受けるという形で導入することになります。場合によってはサーバーが配送されてきて自分で設置しなければならないこともあるので注意が必要です。メンテナンスについても毎日のように整備に来てくれる業者もあれば、年に一度だけしかメンテナンスに来てくれないところもあります。

アフターフォローについても問い合わせへの対応力にかなりの違いがあり、不具合があったときに迅速に修理に来てくれるかどうかが異なるという点は念頭に置いておきましょう。直接業者にどんなサービスかを問い合わせて比較してみるとはっきりと違いがわかります。

どのくらいのコストがかかるかを調べよう

コスト面についてもコーヒーサーバーをレンタルするときには気にかけたほうが良いでしょう。月額使用料がどのくらいなのか、初期費用にどのくらいのコストがかかるのか、コーヒー一杯あたりの料金がどの程度なのかというのが代表的な比較ポイントです。

これに加えてメンテナンスコストも考慮したほうが無難で、自前でおこなわなければならない場合にはオフィスでは誰が担当するかを決めなければなりません。清掃サービスなどを依頼している場合には、サーバーの清掃までやってもらえるかを問い合わせて追加料金が必要かも確認を取る必要があります。

また、ずっと付けっぱなしになるのがオフィスで利用するコーヒーサーバーの特徴なので電気代についても比較しておくと良いでしょう。エコ性能の高いサーバーが増えてきているので、社会貢献にもなると考えて候補にしてみるのが大切です。

 

コーヒーサーバーをレンタルしようと考えたら業者間での比較をしてみるのが大切です。コーヒーの種類とサービス内容、コストについての比較をしたうえで納得して申し込むことが失敗しないためには必要になります。コーヒーは淹れ方や豆の種類などに違いがあり、サービス面では導入方法やメンテナンス内容などに差があるのが通例です。コストについては初期コストとレンタル料を含めたランニングコストを広く調べて選ぶようにするようにしましょう。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧