【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーの高さはどのくらい?

公開日:2020/06/01  最終更新日:2020/06/11

オフィスにコーヒーサーバーを設置しておくことは、社員同士のコミュニケーションをとるのにも役立ちますし、来客時にも役立ちます。リフレッシュができて仕事の効率が良くなることも期待できますが、やはり導入するとなると置き場所を確保しておく必要があります。ここからはコーヒーサーバーを導入するメリットやサイズについて書いていきます。

気軽に導入するならレンタルがおすすめ

仕事の疲れをリフレッシュさせるためには香り高いコーヒーが役立ちます。オフィスにコーヒーサーバーがあれば、お店や自販機に買いに行く手間もありませんし、淹れたての良い香りを楽しむことができます。

気分のリフレッシュにもつながり、仕事の効率アップや集中力を高める効果も期待できます。このほかでは、来客時のおもてなしにも役立ちますし、社員同士のコミュニケーションを円滑にするなど多くのメリットがあります。

業務用のマシンを導入するとなると、それなりの費用も発生しますが、レンタルなら初期費用を抑えることができますので、気軽に導入できるのではないでしょうか。

コーヒーサーバーにも、一杯ずつ注入するタイプもあれば、数杯分を抽出できるタイプもあります。さらに自販機タイプもありますので、それぞれのオフィスに合うものを選びましょう。そして、設置場所も必要になりますので、サイズもしっかりと確認しておきたいところです。

カタログを取り寄せてみることもおすすめ

コーヒーサーバーを設置するなら、まずは設置場所を確保しておく必要があります。横幅や奥行きはもちろん、高さも確認しておきましょう。選ぶマシンによってもサイズは違いますので、まずはどのようなタイプにするのかを決めておく必要があります。

一杯ずつ抽出するタイプや数杯分を抽出するサーバーであれば、卓上サイズのものが多いので、それほど高さは気になりません。自販機タイプとなるとサーバーもかなり大きくなり、高さも出てきますので、サイズはしっかりとチェックしておきたいところです。

レンタル業者によっても提供しているマシンは違いますので、まずはカタログを取り寄せて比較してみることもおすすめです。設置場所をあまり広くとれないという場合はコンパクトタイプを選んでおくと安心です。

導入前にはサービス内容を確認しよう

無理なく設置できるコーヒーサーバーが見つかったら、サービス内容もよく確認しておきましょう。レンタルの場合は機器の購入費用は発生しませんが、初期費用が発生する場合もありますので確認しておきます。

おいしく飲めることも大事ですので、どのようなコーヒー豆が使われているのかも確かめておきましょう。衛生的に使えることも大事ですので、お手入れがしやすいものであるかどうかも確かめておきます。

レンタルになると毎月の費用も発生しますので、コストパフォーマンスが良いかどうかも確かめておきましょう。

不具合を防ぐためには定期的なメンテナンスも必要ですので、アフターケアが良いかどうかも調べておきます。マシンの故障にも迅速に対応できることが大事ですので、サポートの良い業者を選んでいきましょう。

 

コーヒーサーバーを導入することはオフィスにもたくさんのメリットがあります。無理なく設置できることが大事ですので、導入する前には高さや奥行きなどサイズはしっかりと確認しておきましょう。設置スペースがあまりとれない場合はコンパクトタイプを選んでおくと安心です。

マシンのサイズはもちろん、おいしく飲めることも大事ですので、どのようなコーヒー豆が提供されているかも確認しておきます。清潔に使えることも大切ですので、手入れがしやすいかどうかも確かめておきましょう。定期メンテナンスや修理などのアフターケアがしっかりとしているかどうかも調べておきたいところです。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧