【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーとプロが淹れたコーヒーの違い

公開日:2020/10/01  最終更新日:2020/09/25

社員への福利厚生として人気のレンタルコーヒーサーバーサービスですが、プロの淹れたコーヒーとはどう違うのでしょうか。そこで、プロの抽出と比較した違い、家庭で作るよりもおいしい理由、面倒を解消する各種サービスなどについて解説します。職場でおいしいコーヒーを飲めるサービスを、ぜひ活用してください。

プロが淹れるのと大差のない味わいを実現

コーヒーの風味は、誰が淹れるかによって大きく変わります。プロはお湯の温度・抽出時間をベストの状態に維持しています。さらに使用する粉に対して、必要になる湯量も見極めているのです。同じコーヒー豆を使用していても、プロと一般の方とでは風味が大きく変わってきます。これはコーヒーセミナーなどに参加し、飲み比べてみるとよくわかります。

セミナーに参加すればおいしく淹れられるようになりますが、職場でそれを実践するのは無理があるでしょう。おいしさを極めるとなれば、必然的に時間がかかってしまうのです。そこで役立つのがレンタルコーヒーサーバーというわけです。喫茶店のプロが淹れるのには負けるかもしれませんが、それほど大きな違いはないという声も少なくありません。

十分に満足できるレベルに仕上がりますので、もっとおいしいコーヒーを職場で飲みたいという方は、ぜひ試してみてください。レンタルコーヒーサーバーは誰が操作しても同じように仕上がるのが最大の魅力です。

家庭で作るよりおいしいコーヒーが飲める

簡単操作でおいしいコーヒーを飲めるのが、レンタルコーヒーサーバーの魅力です。家庭で作るときは、インスタントコーヒーを使用するという方が多いでしょう。すぐに飲めるのが魅力ですが、豆を挽いたレギュラーコーヒーにはかないません。喫茶店で提供されるものはレギュラーコーヒーであり、インスタントが出てくることはないのです。

レンタルコーヒーサーバーではレギュラーコーヒーを使用しており、豆は自家焙煎をしている会社もあります。レンタルコーヒーサーバーを使うのは従業員ですが、出荷前の焙煎や水分・湿度調整などはプロが担当しています。最高の状態で職場まで届けられるので、おいしくないはずがありません。

ペーパードリップなどの方法ですと、湯温や抽出時間・使用するお湯の量などによって味が変わるのが難しいところです。作るたびに風味がまったく違うという経験をお持ちの人は多いでしょう。レンタルコーヒーサーバーなら、プロのようにいつも安定した味わいを実現できるのです。

面倒なことはすべて代行してくれる

レンタルコーヒーサーバーを使用するのは、プロではありません。多くは素人であり、レギュラーとインスタントコーヒーの違いをわからないという方もいます。こうした人でもおいしく淹れられるのがレンタルコーヒーサーバーであり、定期メンテナンスや清掃・商品管理などを代行してくれる会社もあります。

職場で本格的なコーヒーを飲みたいけど、後片付けは面倒という声は少なくありません。こうした悩みを解消してくれるサービスというわけです。プロ仕様の豆を導入しているレンタルコーヒーサーバー会社もあり、誰が淹れてもプロの味になるのが魅力です。

おいしいコーヒーは英気を養ったり、集中力を高めたりしてくれます。食後に飲めば、カフェインの作用により眠気覚ましになります。簡単操作でネルドリップに匹敵する風味を引き出せるのが魅力です。比べて飲まなければ、プロが淹れたコーヒーとの違いに気づかない人もいるほどです。

 

レンタルコーヒーサーバーで使用される豆は、プロが管理しています。そのため素人の方が抽出しても、非常においしく仕上がるのです。マシンはシンプルな操作でコーヒーの旨味を引き出すことができ、プロが淹れたコーヒーに迫るほどです。後片付けも代行してくれるなど、独自のサービスを展開しているレンタルコーヒーサーバーの会社もあります。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧