【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーには専用の豆を入れるべきなのか?

手軽に本格的で注ぎたてのコーヒーが飲めると人気が高いレンタルコーヒーサーバーですが、使っているうちに疑問に感じるのが豆のことです。

サーバー専用の豆を使うべきなのか、自分で同じような市販品を使っても問題ないのか気になります。

専用の豆があるということは特別な意味があるのか知りたいですし、もし市販のものでも大丈夫なら選ぶ幅も広がります。

 

最高の状態で楽しんでほしいからこその専用豆

レンタルコーヒーサーバーを提供している各社は、もちろんコーヒーの味わいや香りなどにもこだわりを持っています。

メーカーだけ作っているわけではなく、コーヒーそのもののおいしさをもっと手軽に多くの方に知ってほしいと考えていますので、豆の質や抽出状況にも力を入れています。

その結果が専用豆なのです。

マシーンはそれぞれ抽出方法も、粉末のコーヒーを入れる場合や、濃縮した液体を希釈したりとあります。

その方法によっても最もおいしい豆のひき方がありますし、お湯の温度や注がれ方でも風味や味わいに差が出てきます。

それに合わせて最もベストな状態になるように豆を選んで調節しているので、一番コーヒーを堪能できる状態を専用商品として提供しているのです。

レンタルコーヒーサーバーごとで出てくるお湯の温度や量も異なりますし、フィルターの有り無し、そのきめの細かさなどによっても入れる風味は異なります。

それを最も豊かになるように仕上げられているので、まさにコーヒーサーバーのために特別配合されたものなので最高のものを堪能できます。

 

故障の原因にもなるので自己判断で市販品の使用は避けよう

専用のものと見た目は同じように見えるから市販品を使ってみようとする方も多いですが、実は挽き方が異なっていたり、硬さが違うことも多いです。

粉末状にしてあった時には挽き方が大きいと詰まる原因になりますし、細かすぎても細かい部品に入り込んで洗っても取れなくなったりして洗浄の頻度が増えます。

同じように硬さも若干商品1つ1つで異なるので、硬すぎるとレンタルコーヒーサーバーの動きを妨げたりしてうまく抽出できません。

これらの小さな不具合が積もれば故障に繋がります。

レンタルですので、最終的には最初の状態に戻して返却することが前提です。

故障してしまったり、あまりにも機能性に問題が出ていたり汚れがひどいと、別途コストを請求される可能性も否めません。

もし、その原因が市販品を使っていたことによるものになると、推奨されていない状況下での使い方が理由になるので好ましい話とは言えません。

故障のリスクも増やし、万が一のトラブル時にも困ることが多くなるので市販品を自己判断で使うのは避けた方が無難です。

 

豆のバリエーションも増えているので飽きない

市販品の魅力はいろいろな味わいがあって、さらにコストが抑えられることです。

しかし、最近はレンタルコーヒーサーバーも普及して需要が多くなっているので、それにこたえるように豆の種類や風味のバリエーションも増えていますので、いろいろと変えながら飽きずに利用することができます。

さらにコストも定期コースなどで割安になるなどのメリットも増えていますので、うまく活用すれば市販品と大きな差になる金銭的な負担はなくなっており、専用を選ぶことのデメリットは改善されてきています。

使った方がプラスになり、より本格的なコーヒーを楽しむことができるようになっているので、おいしさと安心、コーヒーメーカーの手入れの面からも、利用した方が格段にメリットは大きいです。

そのコーヒーメーカーのために開発されているので、それを利用しない手はありません。

一番おいしい状態で飲めば、気持ちも安らぎ味わいに満足感も高まります。

質の高いコーヒーを入れる時間を身近にしてくれ、しかも簡単な手間でいいのでぜひ生活の一部に取り入れましょう。

 

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
記事一覧