【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバー導入のコスト面でのメリット

公開日:2018/11/15  最終更新日:2018/12/18

オフィスにコーヒーサーバーを導入することで、仕事の合間などにコーヒーショップに買いに行かずに、手軽にリフレッシュしたり気分転換が可能になります。

仕事の効率化のためにメリットがあるコーヒーサーバーですが、コスト面でもメリットはあります。

コストに対してどのようなメリットがあるかを知って、コーヒーサーバーの導入を検討するのも良い選択です。

 

自分で購入する場合とコーヒーサーバーを導入する場合の違い

自分でコーヒーメーカーを購入する場合、一番大きなメリットというと好きなコーヒーメーカーを購入できたり、コーヒーにこだわることも可能です。

贅沢に高級な豆を使ってコーヒーを淹れたり、費用が気になるのであれば安くコーヒーを淹れることもできます。

自分でコーヒーメーカーを購入する場合には、マシンのメンテナンスや清掃、豆の補充などを自分たちで行う必要があり、壊れた場合には再度マシンを購入する場合もあります。

コーヒーサーバーを業者に頼み導入する場合には、補充やメンテナンスなど手間に感じる部分は行ってくれる点は大きなメリットと言えます。

業者によってサービスは異なりますが、トータルで考えると割高になる可能性はあります。

業務用のコーヒーは1杯70円前後と自分でコーヒーメーカーで淹れることを考えると少々割高です。

無料でレンタル可能な場合であってもランニングコストなどを考えて検討するようにするとよいです。

高価なコーヒーサーバーを導入したい場合には、レンタルするとコストを抑えることが可能になることもあります。

 

導入するマシンのタイプは2種類です

コーヒーサーバーを扱っていると業者はいくつかありますが、それぞれで異なるマシンを用意しています。

大きく分けると1杯抽出タイプ大量抽出タイプの2種類があります。

1杯抽出するタイプは、1杯ずつコーヒーを淹れるタイプで、淹れたての美味しいコーヒーを常に飲むことができます。

味の種類も多くあり、その時の気分に合わせて選ぶのも楽しいことです。

コーヒーを淹れる時間は30秒から3分程度かかります。

大量に抽出するタイプは、一度で複数杯のコーヒーを淹れることが可能なので、作り置きができ飲みたい時にカップに注ぐだけで飲むことができます。

味の種類は少なく、ドリップコーヒーのみなので、カフェラテなどドリップコーヒー以外のものを飲みたい場合には1杯抽出タイプがおすすめです。

1杯抽出タイプと大量抽出タイプには、挽きたてのコーヒーのような美味しいコーヒーが飲める機能を持ったマシンもあり、美味しいコーヒーが飲める分、1杯あたりの単価は高くなります。

1杯あたりの値段は高くなりますが、わざわざ美味しいコーヒーを飲むだけに仕事の合間に喫茶店に行く必要がなく、オフィスにいながら本格的なコーヒーが味わえるのは大きなメリットと言えます。

 

コーヒーサーバーがレンタルで導入できます

オフィスなどにコーヒーサーバーを導入したいと思っても、購入するのは高額になるため躊躇しがちですが、レンタルすることも可能なのでレンタルすることでメンテナンスなど手間がかかるようなことは無料で行ってもらえます。

レンタルするメリットは、購入時の資金を一度に用意することがなく、マシンの入れ替えが出来る点です。

不要になったマシンも自分で処分するのは費用面でも負担になりますが、処分も負担がなくでき、所有時の管理であったりメンテナンスや維持費も不要になります。

メンテナンスをする必要がなく途中解約も可能であることも利点と言えます。

コーヒーサーバーとはいえ機械なのでいつ故障するかはわからないものですが、レンタルであれば定期的なメンテナンスによって安定してコーヒーを供給することが可能になります。

また最新のマシンほど多様なコーヒーを飲むことができ、レンタルであればひとつのサーバーに飽きても別のサーバーに交換が可能です。

メーカーによっても1杯あたりの費用は異なりますが、1杯100円以下に抑えられるので、その都度コーヒーを購入するよりも安くコーヒーを飲むことができます。

 

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧