【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーのランニングコストについて考える

公開日:2021/03/15  最終更新日:2021/01/26


レンタルサーバーを用いる際には、コストについて考えたいものです。せっかく導入したのに費用がかかるために、契約停止してしまうのは避けたいところでしょう。事前にサービス内容を調べておけば、ミスマッチも防げます。この記事では、レンタルコーヒーサーバーを検討している人のために、ランニングコストについて紹介しましょう。

コーヒーサーバーのランニングコスト

コーヒーサーバーを契約する際には初期費用が生じます。これは1万円程度であり、無料のところもあるようです。ただし保証料がかかることが一般的なようです。ほかには、月の契約料金もかかり、2千円程度が相場となっています。

費用の金額によってサービス内容が異なってくるので、一概に安いところがよいというわけでもありません。契約内容と費用を分析して、コストパフォーマンスのよいコーヒーサーバー業者を選びましょう。また、豆代金も必要になります。

グレードを下げれば費用が下がるケースもあり、自分でコーヒー豆を調達することでコストをおさえることが可能です。この費用は月に飲む量によっても変わってきますから、個人差があります。1日に数回飲む程度であれば、コーヒー豆の費用としては数千円もあれば充分といわれているので、コストについて検討してみましょう。

ほかにもかかる費用について知っておく

フィルター代金などもレンタルコーヒーサーバーの費用に入る場合があります。フィルター代金は、基本費用に含む業者もおり、この場合には無料です。フィルターは定期的に交換しないと故障の原因にもなるので気をつけないといけません。そのため、メンテナンス費用等も見積もっておいたほうがよいでしょう。

コーヒーサーバーは、定期的に掃除しないと詰まってしまうこともあるようです。故障しやすくなり、コーヒー自体の味も落ちる可能性もあります。メンテナンスも基本費用に入っていることがあるので、この点も業者に確かめておきましょう。

費用は月に3~5千円程度もあれば充分にコーヒーが楽しめます。もちろん、もっと安い業者もあるので比較検討してみることは大事です。コーヒーサーバーを最新のモデルにしたい、コーヒー豆も高級品を使いたいといった際には、費用の負担も高まってきますから、これから利用する際には気をつけましょう。

自分でコーヒーサーバーを使う際の費用

ランニングコストを下げたい場合には、自分でコーヒーサーバーを購入して見るのもよいでしょう。この際に数万円程度の初期費用がかかることから、予算について考えておく必要があります。また、設置などもすべて自分で行うため、面倒だと感じる人もいるでしょう。

さらに、コーヒーサーバーの豆などもすべて自分で購入しなければならないため、手間と時間が必要になるのです。このような作業もコーヒーサーバーをレンタルすべき理由として挙げられます。メンテナンス費用やコーヒーサーバーが壊れた際には自分で対応しなければならなくなります。

レンタルしていれば業者が対応してくれるため、忙しい人におすすめのサービスといえるでしょう。コーヒーサーバーを所有することが負担になることもなくなるのです。手間をなくしたいのであればレンタルするのが一番でしょう。

 

コーヒーサーバーのレンタルは忙しい人におすすめのサービスです。月に数千円程度で本場の挽きたてコーヒーが楽しめることを考えれば、便利なサービスといえるでしょう。購入かレンタルかで迷った場合は、業者から借りてみるのもよさそうです。使い勝手がよく、自分のライフスタイルに合っていると感じたほうを選ぶようにしましょう。レンタルする場合は、コストパフォーマンスやサービス内容についてもしっかり確認することをおすすめします。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧