インスタントコーヒーとサーバーで淹れるコーヒの違いとは? | オフィス用コーヒー(マシン)サーバーレンタルおすすめ5選

【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

インスタントコーヒーとサーバーで淹れるコーヒの違いとは?

公開日:2023/12/01  最終更新日:2023/11/27


コーヒー愛好者の中には、コーヒーメーカーで淹れたコーヒーとインスタントコーヒーの違いについて疑問を抱く人が少なくありません。この記事では、インスタントコーヒーとサーバーで淹れるコーヒーの違いやそれぞれのメリット・デメリットを解説します。時と場合に応じて、適したコーヒーを選ぶようにしましょう。

インスタントとサーバーで淹れるコーヒーの違い

インスタントコーヒーとサーバーで淹れるコーヒーの主な違いは、製造プロセスと風味にあります。まず、インスタントコーヒーは豆からではなく、凍結乾燥や噴霧乾燥などの工程を経て作られます。これにより、手軽かつ迅速に淹れることができます。

一方で、サーバーで淹れるコーヒーは、新鮮な豆を挽いて湯でゆっくりと抽出され、豊かで複雑な風味が得られます。そのため、贅沢なコーヒー体験を求める方に適しています。どちらを選ぶかは好みや手間や時間にかかわりますが、味わい深いコーヒーを楽しみたいならサーバーで淹れるコーヒーがおすすめです。

インスタントコーヒーのメリット・デメリット

インスタントコーヒーは一般的に広く親しまれていますが、どのような特徴があるのでしょうか。そのメリットとデメリットを深堀りしてみましょう。

インスタントコーヒーのメリット

インスタントコーヒーは手軽に飲めることが大きなメリットです。カップにスプーン1〜2杯分を入れ、お湯を注ぐだけで手軽に楽しめます。 急いでいる朝でもサッと準備ができるため、日常的に活用できます。

また、1杯10円代で手に入る商品もあり、コストパフォーマンスが良いです。インスタントコーヒーは手ごろな価格で手に入るため、予算を抑えながらも美味しいコーヒーを楽しむことができます。

インスタントコーヒーのデメリット

その反面、風味が少ないのがデメリットになります。 コーヒーメーカーで淹れたものと比べると、風味が控えめです。そのため、風味にこだわりのある方には、やや物足りないかもしれません。また手軽と言えど、お湯を用意しなければならないため、急いでいるときにはやや不便かもしれません。

急いでいる際には、湯沸かしの時間を考慮する必要があります。特に瓶タイプの場合、保存時に酸化が気になることもあるでしょう。さらに瓶入りのインスタントコーヒーは開封後も新鮮さを保つための工夫が必要です。

コーヒーサーバーのメリット・デメリット

一方でコーヒーサーバーには以下のような、メリット・デメリットがあります。

コーヒーサーバーのメリット

コーヒーサーバーでは、挽いた豆を使用しているため、豊かな風味が楽しめます。コーヒー豆の本来の風味や香りが存分に楽しめます。カプセルや粉ミル付きなど、様々なタイプがあり、外で飲むよりも経済的で自宅やオフィスなどでもカフェ気分を味わえます。さらに、長いスパンで見ると、コストや手間の面でもお得です。初期投資を差し引いても、長期的には経済的な選択となります。

コーヒーサーバーのデメリット

しかし、コーヒーサーバーはマシンの購入に初期投資が必要となります。物によりますが、サーバーを購入する場合、2万円〜20万円程度が相場となります。また、定期的なお手入れが必要で、これを怠るとコーヒーの風味が落ちたり、カビや汚れなどになり、健康面に被害が及んだりする可能性があります。

これらのポイントを踏まえながら、自身のライフスタイルや好みに合わせてコーヒーを選んでみてください。

まとめ

コーヒーメーカーで淹れたコーヒーとインスタントコーヒー、それぞれには特有のメリットとデメリットが存在します。インスタントコーヒーは手軽で経済的な一方で、風味が少ないと感じる人もいます。コーヒーサーバーは豊かな風味が魅力であり、自宅やオフィスでも本格的なコーヒーを楽しむことができますが、初期投資やお手入れが必要な点も考慮する必要があります。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
FVジャパンの画像
記事一覧