【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

カプセル式のレンタルコーヒーサーバーのメリット

公開日:2020/11/01  最終更新日:2020/11/09

コーヒーサーバーはいくつか種類がありますが、レンタルでの導入を検討するならカプセル式も選択肢にいれるとよいでしょう。カプセル式のレンタルコーヒーサーバーとはどのようなものなのか、導入するためにはメリットやデメリットなどを知っておく必要もあります。ここではレンタルコーヒーサーバーのカプセル式のメリットを紹介します。

コーヒーサーバーの種類や特徴について

オフィスや家庭などにレンタルできるコーヒーサーバーにはカプセル式の他に、ドリップ式やエスプレッソマシンの3種類があります。ドリップ式はコーヒー豆や挽いたコーヒー豆を使用して、ゆっくりとコーヒーを抽出するやり方です。ミル付きのタイプもありますが、ミル付きは焙煎したコーヒー豆をその場で挽くことができるので、喫茶店で飲むような本格的なコーヒーを淹れることができます。

エスプレッソマシンは、細かく砕いたコーヒー豆に圧力をかけて抽出するタイプで、エスプレッソコーヒーを抽出する専用マシンです。以前は店舗でのみ飲むことができましたが、家庭やオフィスでも借りることができるマシンが増えたため、レンタルも可能となっています。

カプセル式は比較的新しいタイプで、1杯分をマシンにセットして淹れるという簡単なやり方です。濃縮したコーヒーが閉じ込められているので、いつでも美味しいコーヒーを飲むことができるというメリットは嬉しいことです。

コーヒーの新鮮な香りを楽しめます

コーヒーサーバーのカプセル式は、コーヒーがカプセルに入っており、それをマシンにセットしてボタンを押すだけで本格的なコーヒーを淹れることが可能です。カプセル式は、1杯のコーヒー豆を挽いたらすぐに詰めて真空状態に密封するため、挽いたコーヒーは酸化して味が落ちることなくいつでも新鮮な香りを楽しむことができるメリットがあります。

挽いたコーヒー豆はカプセルで密封されるため、光や空気、湿気などから守ることができるので、ドリップなどで淹れた場合と比べると、味は安定することもメリットといえます。1杯ずつ淹れられるのもメリットで、飲みたい時に飲みたい分だけ淹れることが可能になり、さらにカプセルをゴミ箱に捨てるだけなので手入れも簡単です。

美味しいコーヒーは手間がかかるため面倒に感じることもありますが、カプセル式であれば美味しいコーヒーを飲みたいが、手間をかけたくないという場合に適している方法でメリットも多いです。

コーヒーサーバーをレンタル可能です

オフィスや家庭などでコーヒーを飲むことはありますが、毎回自分で淹れるのは面倒に感じるものです。そんな場合にはレンタルコーヒーサーバーをするとよいでしょう。コーヒーサーバーをレンタルするメリットには、機器などを管理するサービスがある点が考えられます。

最新のマシンであれば自動で清掃を行うことが可能なタイプもありますが、豆を使って抽出するのであれば抽出後の豆を取り除くなどの清掃が必要で、フィルターなど備品を交換する必要もあります。レンタルであれば面倒な手入れなどは不要になります。

さらにカプセル式であればセットするだけで美味しいコーヒーを飲むことができるので、清掃などの面倒なことはなく、レンタルであればカプセルを持ってきてくるので、手間をかけずにレンタルコーヒーサーバーを利用できるというメリットもあります。

レンタルせずにコーヒーサーバーを購入することも可能ですが、消耗品を購入し、清潔に保つために掃除も必要です。レンタルであれば管理はおまかせで大丈夫ですし、壊れた場合には修理や代替マシンなどを提供してくれるなどもメリットと考えられます。

 

レンタルコーヒーサーバーの中でも、カプセル式はセットするだけで香り豊かなコーヒーを手軽に飲むことができます。自前でサーバーを購入することも可能ですが、レンタルすることで面倒な清掃などの管理は不要で、カプセル式であれば管理も簡単なので便利に利用できます。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧