【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーを解約する時の流れ

公開日:2019/04/01  最終更新日:2019/03/11

コーヒーサーバーは使いようもあるものの、レンタル契約しても更新したくない結論に至ることもあるでしょう。

購入すれば処分すればいいだけの話しですが、解約となれば金銭面も含めた手続き、その流れも知らなければなりません。

 

まずは電話にて問い合わせること

コーヒーサーバーをレンタルするのはオフィスだけでなく、個人も利用できます。

期間を決めて契約をしますが、乗り換えやオフィス移転、経費削減を理由に契約の更新をせずに解約という答えを出すこともあるかもしれません。

その時の大まかな流れとして、まずは手続きの連絡をすること、そこから先は返却準備をしたり、解約金の支払いをする流れになります。

第一に電話でその旨を伝えましょう。

大概、解約するにあたり専用のフリーダイヤルを設けているのでコールスタッフが対応してくれます。

また、公式サイトから手続きができる場合もありますが、手続き後にはコーヒーサーバーを返却しなければなりませんから、その場合の方法を知るにも電話で問い合わせるのが間違いないでしょう。

レンタル契約であれば、支払いは事前に済ませているはずです。

途中でも返金保証があるならば、期間に応じた保証が受けられますが、実際には無料にて本体をレンタルしていることが多く、違約金がかかってしまうことのほうが多いようです。

申し込みをするにも、コールスタッフから手続きに関する必要事項について説明されるので、気になることはこの時点でしっかり聞いておきましょう。

実際に契約が完了できるまでには数週間必要になることもあります。

月額制での支払い方式であるのなら、早めに申し込まなければいけません。

 

本体のみを業者へ返却するという流れ

コーヒーサーバーを返却する際には、契約期間内の早期であれば、解約金の支払いを行うことになります。

レンタル契約時には、こうした金銭面のトラブルを防ぐために、担当者からしっかり伝えられているものです。

もちろん契約期間満了での解約であるなら不要でしょうが、この期間を満たさないまま解約することになる場合、違約金がかかることも考えておきましょう。

コーヒーサーバーの返却については、オフィスあるいは自宅の住所に伝票が届くことが多いので、その場合は返送をすれば業者への着払いで送料の負担もありません。

しかし途中解約で返却となれば、故障の有無も確認が必要、業者によっては専門スタッフが引き取りに訪問します。

水が余っている状態でも返却は本体のみです。

もしも自分たちで梱包しなければならないのなら、箱や緩衝材は発送されてきた時のものを再利用すれば、経費もかかりません。

 

協力できるアンケートには協力する

申し込みは問い合わせフォームから、後で折り返し担当エリアのスタッフから電話で連絡がきます。

解約するにあたり、利用状況について、更新ではない内容についてアンケートに答えることもあるようで、その場合はできる限り協力しましょう。

また、サービスの利用条件を確認すること、契約書に記名・捺印をするのなら、事前に目を通しましょう。

コーヒーサーバーは無料レンタルなので、本来なら費用は一切かかりません。

ランニングコストとして消費する飲料、オプション品の代金などが未納のままならば、先に精算が必要です。

コーヒーサーバーには、担当エリアの電話番号、担当者名がシールなどで貼りつけてあります。

もちろん1週間程度の無料お試しサービスもあるかと思いますが、気に入らなかったら直接連絡して返却できます。

 

コーヒーサーバーをレンタルしても、その期間内では、諸事情による解約という決断に至ることもあるようです。

その場合には、どう対処すべきなのか、まずはエリア内の担当者、あるいは専用のコールセンターに連絡してみることから始めましょう。

 

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧