【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーのコーヒーと缶コーヒーの違い

公開日:2020/08/01  最終更新日:2020/08/03

オフィス勤務者の多くがコーヒーサーバーを利用した経験があるでしょう。コーヒーサーバーは保守管理などを利便性からレンタル利用するのが一般的ですが、なぜ缶コーヒー以上に人気を集めているのでしょうか。今回はレンタルコーヒーサーバーの特徴や缶コーヒーとの違いについて触れていきます。

レンタルコーヒーサーバーはいつも淹れたてを楽しめる

「淹れたて」と「作りおき」、これがレンタルコーヒーサーバーと缶コーヒーの大きな違いです。レンタルコーヒーサーバーの場合、必要に応じてその場でコーヒーを淹れるので、常にできたてを楽しめます。そのため香りや風合いが豊かで、飲むと心が落ち着き、気分転換にうってつけです。

また、ゆったりと味わえるのも特徴でしょう。会話をしながら、仕事をしながら、立ち飲みから座り飲みまで多彩な場面で活躍します。対して、缶コーヒーは作り置きであるため、香りや風味を味わうというよりも喉を潤す飲み物という印象があります。

ペットボトルタイプだとちびちびと飲まれることが多く、缶入りタイプだと飲んだ後に休憩するというスタイルが主流になっているようです。香りや味わいを楽しみ、束の間の気分転換やリラックスの助けとなるレンタルサーバーコーヒーに対して、缶コーヒーは素早く飲んでエネルギー補給し、体を癒すという違いがあります。

レンタルコーヒーサーバーにも違いがある

レンタルコーヒーサーバーには1杯ずつ抽出するタイプと、まとめて抽出するタイプがあり、それぞれに特徴が違っています。

1杯ずつ抽出するタイプはその場でドリップしていくため、本格コーヒー専門店のような香り高い味わいを楽しめます。さまざまな風味が用意されているため、気分に合わせて飲みたい種類を選べるのもこのタイプです。しかし1杯ずつドリップしなければならないので、時間がかかる傾向があります。

まとめて抽出するタイプは、あらかじめサーバー内にドリップしたコーヒーを保存しているため、すぐにカップに注ぎ込んでくれるので効率的です。しかしあらかじめ作り置きしているため、テイストが限定されます。多くの場合、ブラックコーヒーがベースになっており、甘い風味にしたり、クリーミーにしたりする場合は、自分で砂糖やクリープを入れなければなりませんがブラックコーヒーを手軽に楽しむという点では、最も優れているといえるでしょう。

レンタルコーヒーサーバーのメリット

コーヒーサーバーにはレンタルを利用する方法と購入する方法があり、これによっても違いが生じます。レンタルコーヒーサーバーは導入コストを安くできるメリットがあります。たくさん部署がある会社だと設置するコーヒーサーバー数が増えるため、まとめて契約することとなり費用負担を減らせます。

また、万が一のトラブルの際には、業者がメンテナンスしてくれるほか、契約料金の中に修理費用も含まれているため、追加費用が発生しません。業者によってはオプションとして豆補充サービスを提供しているところもあるため、さまざまなメリットを感じられます。

コーヒーサーバーを購入する場合は、管理や点検に加えて豆の準備もしなければならず、それらは会社あるいは社員が負担することになるため、楽しむ人とそうでない人に分かれる傾向があります。手軽にコーヒーを楽しめるオフィス環境を目指しているなら、レンタルが向いています。

 

レンタルコーヒーサーバーと缶コーヒーの違いや、レンタルと購入の違いなどに触れてきました。同じコーヒーであってもそれぞれに特徴があり、目的に合わせて選び分けるのが大切です。オフィスで手軽にコーヒーを楽しむのであれば、数あるサービスの中でもレンタルコーヒーサーバーが最適であり、豆の補充や保守点検までを考慮すると、最も利便性が高くなっています。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧