社内カフェは作るべき?メリットや必要な備品を紹介 | オフィス用コーヒー(マシン)サーバーレンタルおすすめ5選

【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

社内カフェは作るべき?メリットや必要な備品を紹介

公開日:2023/12/15  最終更新日:2023/11/27


近年、オフィス環境の改善策として注目を集めるのが「社内カフェ」です。オフィス一角に設けられたこの空間は、おしゃれなカフェのような雰囲気で、リラックスしながら仕事の合間に休憩でき、コミュニケーションを深める場としても機能します。この記事では、社内カフェの導入メリットや必要な備品に解説します。

社内カフェとは?

社内カフェは、オフィス内で従業員がくつろぎながら業務に取り組むためのスペースとして注目されています。従来の硬直したオフィス環境を打破し、柔軟性と創造性を促進することを目的としています。オフィス内における働き方の変化や、新型コロナウイルス感染症によるリモートワークの拡大が影響して、社内カフェの導入が企業にとって重要な課題となりつつあります。

社内カフェが持つ特徴の一つは、単なる休憩スペース以上に、仕事を行う場としても機能する点です。個人が集中して作業する場としても利用でき、同時にチームや他部署のメンバーとのコラボレーションの場としても役立ちます。このような柔軟性が、様々な業務スタイルに対応し、従業員の働きやすさを向上させる1つの要素となっています。

社内カフェの効果

社内カフェの導入による効果の一つは、社内コミュニケーションの促進です。休憩やランチタイムに従業員が集まり、カジュアルな雰囲気でコミュニケーションを図ることが容易となります。これが、従業員同士の交流を深め、チームビルディングも促進されます。

特に、異なる部署や職種の人々が交流する機会が増えることで、企業全体の連携強化につながります。新型コロナウイルス感染症の影響により、リモートワークが増加したことで、対面でのコミュニケーションが限られるようになりました。

このため、オフィス内における人とのつながりを保つためには、社内カフェが有効な手段となります。リラックスした雰囲気の中での交流は、ビジネス上の課題を解決するための新しい視点を生み出し、イノベーションを促進します。

社内カフェに必要な備品

社内カフェを構築するには、いくつかの必要な備品があります。

小さなカフェスペースを作る場合

小さなカフェスペースを作る場合には、水回りの機能を省略して運用することで、設置のハードルを下げることができます。飲み物は自動販売機で購入するか、内部に排水タンクが設置されているコーヒーマシンを導入し、飲み残しは給湯室のシンクに捨てるなどの工夫が必要です。機能を絞ることで、予算やスペースの制約にも対応できます。

本格的なカフェを作る場合

本格的なオフィスカフェは様々な目的で利用されるため、座席にバリエーションを持たせることが重要です。くつろげるソファ席やカウンター席、作業しやすいテーブル席など、社員が自分の目的に合わせて利用できるような座席の用意が必要になります。

これにより、オフィスカフェがさまざまなシーンで活用され、社員のワークスタイルに柔軟に対応できます。木目調の家具でコーディネートし、カフェカウンターやくつろぎのできるローテーブル、イベントや休憩に利用できる小上がりのソファー席など、座席にバリエーションを持たせることがポイントです。またコーヒーサーバーや、コーヒー豆を管理する棚なども必要になるでしょう。

コーヒーサーバーはレンタルがお得

コーヒーサーバーのレンタルは、コスト面で非常に効果的です。レンタルにより初期投資を抑え、多様なドリンク提供が可能となります。これは特に、予算が限られている企業にとって魅力的な選択肢となります。

まとめ

社内カフェの導入は、オフィス環境を活性化し、社員のワークライフバランスを向上させる有益な手段です。コーヒーサーバーのレンタルを含む様々な備品が、低予算でも実現可能な点も魅力的です。これにより、オフィス内でのコミュニケーションが促進され、新たなアイデアや創造力が生まれやすくなります。オフィス環境の向上は、現代の労働者にとって重要なポイントであり、社内カフェの導入はその一環として大きな意味を持ちます。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
FVジャパンの画像
記事一覧