【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

アレンジができるレンタルコーヒーサーバーはある?

公開日:2020/04/01  最終更新日:2020/04/20

コーヒーの粉から抽出したただのブラックのコーヒーだけでなく、もっとアレンジをしたものを飲みたいというニーズは大きいでしょう。嗜好品なのでこだわりを持っている人も多いのは確かで、導入するときにはどのくらいニーズに応えられるのかも考えましょう。

エスプレッソやカプチーノに対応できるものもある

コーヒーのアレンジという考え方にもかなりバリエーションがありますが、ただコーヒーを淹れるだけでは芸がないという人もいれば、もっと美味しい飲み方があるというこだわりを持っている人もいるでしょう。典型的なのがエスプレッソを淹れるというもので、専用のエスプレッソマシンを持っている人も多くなりました。

アレンジとしては今では主流になってきていますが、手軽にできるものではなく、エスプレッソマシンがないとお店でしか飲めないというケースも多いのが事実です。

レンタルコーヒーサーバーでエスプレッソを淹れられるのかという疑問を持つ人もいるでしょう。全てのコーヒーサーバーが対応しているわけではありませんが、エスプレッソも淹れられるサーバーはいくつもあります。さらにはカプチーノにも対応しているサーバーもあるので、このようなこだわりがある人がいるなら機種をしっかりと吟味して対応しているものを選びましょう。

砂糖やミルクも入れられるものもある

もっとシンプルなアレンジとして砂糖やミルクを入れるというものもあります。コーヒーサーバーでコーヒーを淹れて、手元にある砂糖やミルクを入れてスプーンで混ぜるということもできますが、全部サーバーがやってくれたら楽だという考え方もあるでしょう。

砂糖やミルクによるアレンジに対応しているかどうかもサーバーによって異なります。本当にコーヒーを抽出して淹れることだけに特化しているサーバーが多いのは確かで、砂糖やミルクを入れるのに対応しているものはあまり多くはありません。しかし、その機能がついているものなら砂糖やミルクの量も自由に設定できることが多く好みのコーヒーに仕上げることができます。

また、ミルクに対応しているサーバーの場合にはミルクポーションを使うものと本当の牛乳を使うものがあります。牛乳を使っている場合にはカフェオレも作ることができ、機種によっては牛乳の量を自由に変えられるので、アレンジのバリエーションも豊富になります。

アイスコーヒーにできるものもある

さらにシンプルなアレンジとして挙げられるのがアイスコーヒーです。熱湯で抽出したコーヒーを冷やすだけでできるのが特徴で、カフェオレなどができるのであればそのアイスバージョンもできれば良いと思うケースも多いでしょう。アイスコーヒーへの対応も砂糖やミルクと同じで比較的少数派になっていて、やり方についても個々に異なっています。

典型的なのは濃いコーヒーを少量抽出する仕組みになっていて、コップに氷を満たしておくことでアイスコーヒーになるというものです。ドリンクバーなどでもよく利用されているものなので使い方でも悩むことはないでしょう。他にも冷水でコーヒーを淹れるという仕組みになっているものなどがあります。

 

アレンジされたコーヒーをコーヒーサーバーで気軽に飲めるようにしたいという希望があるのは確かですが、メーカーの努力によってかなりバリエーションも増えてきました。エスプレッソやカプチーノに対応できるサーバーもあれば、砂糖やミルクを好みの量だけ入れられるサーバーもあります。

さらにはアイスコーヒーに対応しているコーヒーサーバーもレンタルすることが可能です。機種によってどのような機能に対応しているかは異なるので、どんな需要があるかに応じて適切な機種を選んでレンタルを申し込むようにしましょう。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧