【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーの電源は入れたままでも大丈夫?

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/04/20

コーヒーサーバーをレンタルしてからどのようにして運用するかを検討していると電源をどうするかが悩みになりがちです。入れたままにしておくと寿命が短くなってしまうのではないか、電気代がとても大きくなってしまうのではないかという心配があるでしょう。実際に運用するときにはどのようにしたら良いのでしょうか。

電源は入れたままのほうが好ましい

コーヒーサーバーをレンタルしたら原則として電源は入れたままにしておきましょう。オフにしたほうが確かに通電時間が短くなるのでサーバー自体の寿命は長くなる可能性があります。しかし、そもそもコーヒーサーバーのほとんどはオンのままにして運用することを想定して製造されているので、オフにしてしまうことは好ましくありません。

実は衛生的に使用できるようにするために、自動的に熱湯を循環させて殺菌するシステムが組み込まれているサーバーも多いのです。オフになっているとこのような自動洗浄機能が働かないので衛生面に問題が生じてしまうリスクがあります。安心していつでもコーヒーを飲めるようにするには電源は入れたままにしておくのが好ましいのです。

壊れてしまうリスクはあっても大丈夫

通電したままにしておくと壊れてしまって困るのではないかと思う人もいます。確かにコーヒーサーバーが壊れやすくなってしまうリスクはありますが、レンタルをしている場合にはあまり気に掛ける必要がありません。購入した場合には修理を業者に依頼して修理費を支払い、本当に壊れてしまったときには廃棄処分して買い換えなければならないでしょう。

しかし、レンタルしている場合にはきちんと使える状態にすることを業者に保証してもらえるようになっています。そのため、不具合が生じたらすぐに駆けつけて修理してくれたり、別のサーバーに交換してくれたりするのです。通電したままにしたのが原因で壊れたとしてもすぐに対応してくれるので大丈夫だと考えましょう。

電気代が気になるならどうするか

電気代がかかってしまうからコーヒーサーバーの電源はオフにしておきたいというケースもあります。コスト削減が大きな課題となっている現場では確かに重要なことかもしれませんが、そもそもコーヒーサーバーは使用しなければあまり電気を使いません。自動販売機と違って冷蔵することもなく、電気ポットと違って熱湯を貯めて保温しておくこともないからです。待機電力とLEDのライトの電気代くらいで済むのであまり負担はないと考えられるでしょう。

ただ、それでも気になるという場合にもどのコーヒーサーバーをレンタルするかをよく吟味すれば問題ありません。エコ性能が高いコーヒーサーバーも利用することができるからで、本当に節電に力を入れているものを選べば待機電力はゼロになっています。

使用しないまま一定時間が過ぎると待機モードに切り替わるようになっているコーヒーサーバーを選べば運用しやすいでしょう。このようなエコ性能重視のサーバーをレンタルすれば電源を切らずとも電気代も気にかからなくなります。

 

コーヒーサーバーをレンタルするときには電源についての運用方法で悩むことがありますが、基本的にはサーバーの電源はオンにしたままにしておく必要があります。衛生面を良好に保つために自動洗浄機能が付いているサーバーが多いからです。オフにすれば電気代を節約できるというメリットはあるものの、安心して利用できないのでは元も子もないでしょう。

通電したままにしておくと壊れやすくなるのではないかと懸念する場合もありますが、レンタルならすぐに修理や交換をしてくれます。また、電気代が気にかかる場合にもエコ性能が高いサーバーを選べば待機電力はゼロなので安心です。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧