【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

コーヒーサーバーとコーヒーマシンはどちらをレンタルするのがお得か

公開日:2021/03/01  最終更新日:2021/01/26


疲れたときや集中したいとき、コーヒーを飲むと人は多いですよね。気分転換になるコーヒーを淹れる機器をレンタルするなら、シンプルなサーバータイプと多機能なマシンタイプのどちらがお得でしょうか。今回は、オフィスにコーヒーサーバー(マシン)を導入する際、どういったタイプを選ぶのがお得かをお話しします。

コーヒーサーバーとコーヒーマシンレンタルそれぞれのメリット

まず、コーヒーサーバーとコーヒーマシンの違いは何かというと、一般的には大きな違いはなく、どちらもコーヒーを抽出、保温する機器です。あえて違いを明確にするならば、シンプルなポットタイプをコーヒーサーバー、多機能なマシンタイプをコーヒーマシンと呼ぶことが多くなっています。

それぞれのメリットを挙げてみると、まずコーヒーサーバーは誰でも手軽に、いつでもコーヒーを楽しめるという点が挙げられます。手軽ではあるものの自動販売機のコーヒーとは異なり抽出時の香りを楽しめる点も癒し効果となり、メリットといえます。機能としてはコーヒーの抽出と保温だけが可能なものが多く、エスプレッソやカフェラテなどのレギュラーコーヒー以外の飲み物は作れないものがほとんどです。

対して、コーヒーマシンはどうでしょう。多機能なコーヒーマシンは、レギュラーコーヒー以外にもさまざまな飲み物を楽しむことが可能です。エスプレッソの抽出が可能なタイプであれば、エスプレッソを始めとしてカフェラテ、カプチーノなどを1台で作れます。さらにタンク容量が大きなタイプでは水を注ぐ回数も少なく済み、手間が少ないといえます。

コーヒーサーバーとコーヒーマシン、それぞれのデメリット

それぞれのよい点を確認したところで、コーヒーサーバーとコーヒーマシンのデメリットも把握しておきましょう。コーヒーサーバーのデメリットとしては、一度に淹れられるコーヒーが少ないこと、保温の際にコーヒーの酸化が進んでしまうことが挙げられます。

しかし最近レンタル業者が提供しているコーヒーサーバーでは、2つのデカンタを設置でき、一つを保温しているうちに新しいコーヒーを淹れられるタイプのものや、デカンタの蓋部分に工夫が施されていて外気と触れないため酸化を抑制できるタイプなど、従来のデメリットを解消したタイプも多くなっています。

対してコーヒーマシンのデメリットは、比較的サイズが大きいため場所をとること、コーヒー豆とエスプレッソ豆の両方を購入しなければならないことなどが挙げられます。しかしこれらもまた、サイズの問題は置く場所が見つかれば解消できますし、コーヒー豆を複数購入するのもプラン料金内に含まれていることが多いため、大きな問題とはならないでしょう。

コーヒーサーバーとコーヒーマシン、どちらがお得なのか

職場にレンタルでコーヒーサーバーかコーヒーマシンを導入することが決まったら、利用する人の傾向も参考にして機種の選定などをすることが必要です。職場の人数が少なく、来客用メインとして使用するのであればコーヒーサーバーがおすすめです。機能がシンプルなぶんレンタル料も低コストで済むことが多く、お得といえます。

反対に、コーヒー豆にこだわる人やラテ系のメニューを楽しみたい人が多い職場であれば、コーヒーマシンは費用対効果が高くお得といえます。どちらのメリットも職場によってお得に感じられる度合は異なるため、環境に合った製品を選ぶことが最もお得といえるでしょう。

 

今回は、コーヒーサーバーとコーヒーマシンはどちらをレンタルするのがお得なのかをお話ししました。環境や利用頻度、利用者の好みなどによってどちらがお得なのかは異なります。多くのコーヒーマシンレンタル業者ではシンプルな機能のものからバラエティー豊かな飲み物が楽しめる機器までを取り揃えています。それぞれの機器のよい点を知って最適なものを選んでみてくださいね。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧