【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーの重さはどのくらい?

公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/06/11

コーヒーサーバーのレンタルを検討しているけれど、利用する前に重さがどれくらいか、あらかじめ知っておきたいと考えている方もいるのではないでしょうか。ここでは、これからコーヒーサーバーのレンタルを考えている人が知っていると役に立つ、サーバーの重さについて紹介します。

タイプにより異なるコーヒーサーバーの重さ

コーヒーサーバーをレンタルして使用する際に、事前に知っておくと役立つのが設備の重さです。使用したくても、サーバーの重量に耐えられる場所が確保できなければ置き場所がなくなってしまうので、事前に設備の重さを確認してから借りる必要があります。コーヒーサーバーの重量はレンタルをしている会社によって、それぞれ異なっていて、比較的重量が軽いタイプのサーバーを扱っているお店や、安定感のあるずっしりとしたタイプのサーバーを扱っているお店があります。

どちらのタイプのサーバーが適しているかは、使用する場所の状況によっても異なっていて、重たいものを設置するためのスペースが確保できない場合には、軽量のサーバーを利用するほうが、オフィスなどで使用する場合でも、ほかの業務に差し障りがないように使用できます。多くの人が使用するために、本体に重さがある安定感のあるものを使用したい場合には、そうしたタイプの製品を選んだほうが利用しやすくなります。

軽量タイプのレンタルコーヒーサーバー

レンタルコーヒーサーバーの中でも、比較的重量が軽いタイプのものは、10キログラム以下のものが多いです。サーバーは大きく分けて二つの部分に分かれていますが、コーヒーを製造するための本体の部分と、製造したコーヒーをストックしておくためのタンクの部分で、それぞれ重さが異なっています。

重量が重いのはコーヒーを製造するための本体部分で、タンクに入れた水を加熱してコーヒーを作り、完成したコーヒーを保温しておくための設備が設置されているために、それだけ重量も重くなっています。

軽量タイプの場合には、この本体部分の重量は5キログラムから8キログラム程度のものが多いです。そのために、重たいサーバーを設置できない場所でも、気軽に設置できるのがメリットです。軽量タイプのものは重いものをのせることができるデスクの上にも置くことができるために、使用しやすいのも大きなメリットです。

コーヒーを入れておくタンクの重さ

レンタルコーヒーサーバーでは本体部分のほかに、コーヒーを入れるタンクの部分の重量も考慮する必要があります。タンクの部分はそれだけでは重量はあまりないのですが、水やコーヒーを入れた状態では、重量が大きく増加します。

タンクの容量が2リットルの場合、2キログラム程度の重さが増え、4リットルタイプのタンクの場合には、およそ4キログラムほど重量が増加します。そのために、レンタルコーヒーサーバーを利用する場合には、コーヒーがタンクに入った状態の重さを考慮して、設置する場所を選ぶ必要があります。本体が5キログラムでタンクが2リットル入りのサーバーならば、全体で7キログラム以上の重さになります。

レンタルコーヒーサーバーの中でも、重量が重たいタイプのものは、本体だけで20キログラム程度の重量がありますが、その分より多くのコーヒーを作ることができます。利用する人が多い場所に設置するときに向いているタイプのサーバーです。

 

レンタルコーヒーサーバーを設置する際には、あらかじめレンタルするサーバーの重さを確認しておく必要があります。利用する場所に設置できるタイプのものを選ぶことで、業務に影響を与えないように利用することができます。

コーヒーサーバーには軽量タイプのものと、重いタイプのものがありますが、軽量タイプのものは全体で10キログラム以下の重量のものが多いです。本体だけならば5キログラム以下の軽いタイプのものもあります。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧