【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

コーヒーサーバーはオフィス向けと家庭用向けで水タンクの大きさが変わる?

公開日:2019/09/01  最終更新日:2019/08/26

コーヒーサーバーをオフィスで導入するときには家庭向けのものを購入することも、業務用のものをレンタルすることもできます。

その違いとして水タンクの大きさに差があるのではないかと考える人もいるでしょう。

オフィス向きのサーバーと家庭向きのものでは大きさに目立った違いはあるのでしょうか。

実はほとんど変わらないサーバーが多い

オフィスでは多くの人がコーヒーを飲むので家庭に比べて水タンクが大きいだろうと考えるのはもっともなことです。しかし、実際にはレンタルコーヒーサーバーとして広くオフィスに提供されている製品は家庭用の製品と全く同じものということも珍しくありません。

仕様は少し違ったものになっている場合もありますが、それでも水タンクの容量に違いがないことが多いのです。現実的に何十人も同じ部屋にいてその大半がコーヒーを常飲しているオフィスというのはそれほど多くはなく、部屋がわかれているならそれぞれの部屋にサーバーがあったほうが便利でしょう。

レンタル料は何台であっても同じという業者が多いことから、利便性を重視して小型のサーバーを各所に配置したほうが良いという判断になる傾向があります。給湯室に置いてあるという場合にも何十人も同時に給湯室でコーヒーを飲もうと考えることは少ないため、やや大きめの家族用サイズで十分に間に合ってしまう現場が多いのです。

また、メーカーのコストを考えるとあえて違う大きさのものを作らないほうが安上がりになるという面もあります。結果として水タンクは同じような容量になっているのが実態です。

大容量のサーバーも存在している

業務用となると容量が大きいと考えるのは当然で、それを求めている現場もあるのも確かです。業者によっては大容量のサーバーも用意していて、水タンクの大きさも一般的に普及している家庭用のものより大きくなっています。ポット式のものでは20人から30人分を同時に淹れられるものが比較的大きなもので、タンクの容量にすると3L前後のものまでならかなりの数の業者が扱っています。

一杯ずつ抽出できる方式のコーヒーサーバーの場合にも同じくらいの容量のものがあり、一日に30杯くらいまでなら水を交換しなくても大丈夫です。もっとたくさん飲む人がいるから特大容量のものが欲しいという声もないわけではありませんが、水を交換しない日が続くと衛生面の問題が生じ得るのでこの程度の容量が最大になっています。

ディスペンサー式なら実質的に無限

ディスペンサー式のドリンクサーバーにもコーヒーを淹れられるものがありますが、この場合には水の交換が必要ないのが一般的です。水道管から直接サーバーの中に水を送り込んでいるのでタンクに水を汲む必要がありません。

利用する人がとても多い現場ではディスペンサー式のコーヒーサーバーを導入するのが賢明でしょう。特に給湯室や休憩室などの場合には誰が管理をするのかがわからなくなってしまいやすいため、管理を業者に任せられるレンタルサーバーを入れるのは合理的です。その状況になるとますます水の入れ忘れが問題になってしまいやすいので、不足しないようにディスペンサー式を検討しましょう。

 

オフィス向きのコーヒーサーバーでよく現場でレンタルされているものは家庭用のサーバーと水タンクの容量にはあまり違いはありません。同じ機種をオフィス用として使っているケースも多く、それで十分に間に合っている場合がほとんどです。

ただ、中には業務用で3L程度の水を入れられるようになっているサーバーを借りられる業者もあり、たくさん飲む人がいる現場では魅力的な候補になります。ドリンクサーバーによく用いられているディスペンサー式のものなら水の補充や交換を気にかける必要がないので、本当に消費が多い現場では検討してみましょう。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧