コーヒーの入れ方には種類がある!自分に合った淹れ方を探してみよう | オフィス用コーヒー(マシン)サーバーレンタルおすすめ5選

【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

コーヒーの入れ方には種類がある!自分に合った淹れ方を探してみよう

公開日:2023/05/01  最終更新日:2023/04/18


「コーヒーの淹れ方はたくさんあって初心者には難しそう」と感じてはいませんか?コーヒーの淹れ方は大きくわけると10種類もあるため、初心者からすると難しく思えるかもしれません。しかし、すべての淹れ方を覚える必要はありません。好みの味になる淹れ方さえ覚えてしまえばよいため、自分に合った淹れ方を探してみましょう。

コーヒーにはたくさんの淹れ方がある

コーヒー豆は同じ豆、同じ挽き方でも淹れ方が違えば味が変わります。淹れ方は大きくわけて10種類あるものの、抽出方法はつぎのような2つの方法が代表的です。

透過式

コーヒー豆の上からお湯を通過させる方法を「透過式」と呼びます。コーヒーを淹れるシーンでポットを持った人がドリップにお湯を注ぐ姿がよく見られますが、それはこの方法です。お湯を通過させたときにうま味成分を効率よく抽出します。味はすっきりとしてクリアになりやすく、口の中をさっぱりとさせたいときにおすすめです。

浸漬式

コーヒー豆をお湯や水に浸して抽出する方法を「浸漬(“しんし”または“しんせき”)式」といいます。お湯や水につけることでコーヒーの成分が溶け出し、安定した味わいになるのが特徴です。量や抽出時間を変えれば風味を変化させて楽しみますが、長時間抽出すると雑味やえぐみが出ます。

コーヒーの淹れ方は大きくわけて10種類

さまざまな抽出方法がありますが、大きくわけて10種類です。お湯を注ぐだけで簡単にできるものもあれば、専用の道具を使用して抽出する方法もあります。

インスタントコーヒー

最も手軽にコーヒーを楽しめるのが「インスタントコーヒー」です。インスタントコーヒーは抽出したコーヒー液を乾燥させて粉末状にしているため、お湯を注ぐだけでコーヒーができます。お湯を注ぐスピードや温度を気にする必要がないため、初心者向けの淹れ方です。

コーヒーメーカー

次に簡単な方法が、コーヒーメーカーを使用して抽出する方法です。全自動タイプはマシンの上部で豆を挽き、挽いた豆を自動でドリップしてくれます。

ウォータードリップ

水で抽出する方法を「ウォータードリップ」といいます。水に漬けて長時間かけて抽出することで、すっきりとした味わいになります。

ペーパードリップ・ハンドドリップ

「ペーパードリップ」「ハンドドリップ」も多くみられる方法です。ドリッパーにペーパーフィルターを敷いて引いた豆を入れ、その上からお湯を注いで抽出します。

ネルドリップ

ペーパーフィルターではなく、ネルフィルターを使った方法を「ネルドリップ」といいます。ドリッパーを使用しないため壁ができず、でき上がりの味も異なるのが特徴です。

エアロプレス

空気の圧力を利用した抽出方法を「エアロプレス」といいます。専用抽出器具にコーヒーとお湯を入れ、真上から押して空気の圧をかけることにより抽出します。

フレンチプレス

フレンチプレスはフランスで開発されたコーヒーの抽出器具です。抽出テクニックがいらず、手順通りに作ればだれでもおいしいコーヒーを作れます。

サイフォン

演出効果が高い抽出器具は「サイフォン」です。ガラス製のため、コーヒーができ上がる過程を楽しめます。

パーコレーター

アウトドアで手軽にコーヒーを淹れたいなら「パーコレーター」です。蒸気圧を利用してお湯を吸い上げ、お湯とコーヒーの粉を接触させて抽出します。

エスプレッソ

圧力をかけて素早く抽出する方法は「エスプレッソ」です。圧力をかけることによりコーヒーの油分が乳化し、うま味や香りを引き出します。

一番手軽なコーヒーの淹れ方は?

コーヒーの淹れ方は大きくわけて10種類と説明しましたが、その中でも一番手軽なコーヒーの淹れ方はインスタントコーヒーです。専用器具が不要のため、コーヒー関連の道具・器具を一切持っていない人も挑戦できます。

まとめ

コーヒーは同じ豆でも淹れ方によって味わいが異なるため、淹れ方は非常に重要です。しかし、抽出方法によっては専用器具やテクニックが必要であり、初心者からすればどこから手を付ければよいのかわからないこともあります。普段インスタントコーヒーを飲んでいるのであれば、まずはハンドドリップやウォータードリップなど、手軽でやりやすい方法を試してはいかがでしょうか?