オフィスコーヒー レンタルはなぜ無料?ビジネスの仕組みを解説 | オフィス用コーヒー(マシン)サーバーレンタルおすすめ5選

【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

オフィスコーヒー レンタルはなぜ無料?ビジネスの仕組みを解説

公開日:2023/12/01  最終更新日:2023/11/27


オフィス環境でのコーヒーサービスは、ビジネスの一環として欠かせないものとなりました。その中でも、コーヒーサーバーのレンタルがなぜ無料なのか、その仕組みを解説します。オフィスでのコーヒーサービスは、利便性とコスト面の観点から注目されており、その裏には様々な要因が絡んでいます。

オフィスコーヒー レンタルはなぜ無料?

コーヒーサービスを提供する企業がレンタルを無料とする理由は多岐にわたります。これにはいくつかの要素が絡んでおり、その中で最も大きな要因は「ビジネスモデル」です。オフィスコーヒーのレンタルは、単なるサービス提供だけでなく、独自のビジネス仕組みに基づいています。

企業はコーヒーサーバーのレンタルを無料とし、その代わりに毎月一定量のコーヒー豆を提供することで利益を上げています。ポーションタイプのサーバーを導入する場合、特殊なエスプレッソなどを大量に作ることができる機種を提供しているところは割高となりますが、これは高品質なコーヒーを求める企業にとっては価値ある提案となります。

さらに、自動販売機タイプのコーヒーを提供している企業は、通常のコーヒーサーバーと自動販売機を一緒に導入することで、より割安な価格で提供できるようになります

オフィスコーヒーのレンタル料の相場

オフィスコーヒーのレンタル料金は、企業のニーズやサービスプランによって異なります。通常、月額の基本料金が設定され、それに追加してコーヒー豆や関連アイテムの使用料が含まれることが一般的です。サービスプランによっては、特定のブランドや種類のコーヒー豆を選択できたり、追加のオプションとしておしゃれなカフェラテアートや専門のバリスタサービスが提供されることもあります。

一般的な相場としては、企業のプランによって上下しますが、月額1000~5000円程度になります。これに加えて、コーヒー一杯の価格も影響を与えます。通常は7〜100円程度が一般的であり、これはコーヒーの種類やブレンド、提供されるサービスによって変動します。

故障時も無料で対応してくれるサービスも多い

オフィスコーヒーサーバーは故障する可能性があるため、その際の対応が重要です。多くの企業は修理費用を無料としており、導入プランにその費用が含まれていることが一般的です。ただし、業者によっては故障時に費用が発生する場合もあるため、契約前に確認が必要です。

コーヒーサーバーの修理費用は、故障の度合いによって大きく異なります。システム全体が機能しないほどの故障であれば、高額な料金が発生する可能性があります。

一方で、一部のパーツがわずかに破損した場合は、数千円ほどで修理が可能なこともあります。実際の故障の度合いによって金額がケースバイケースなので、契約前に金額を調べておくことが大切です。

ただし、現状では多くの業者が修理費を無料としているため、サービス内容に大きな差がないと言えます。コーヒーレンタルサーバーのアフターケアも充実しており、「定期点検無料」や「不具合を無料調整」などのサービスが提供されています。また、オフィスまでの出張費が無料であることが主流となっており、利用企業にとっては安心感のあるサービスと言えます。

まとめ

オフィスコーヒーのレンタルがなぜ無料なのか、その仕組みについて解説しました。ビジネスモデルやコーヒーサーバーの種類、メンテナンス費用、修理費用など、様々な要素が影響を与えています。相場を確認し、各企業のサービス内容を比較することで、オフィスに最適なコーヒーサービスを見つけることができます。導入から導入後までコストが抑えられるコーヒーレンタルサーバーは、ビジネス環境において重要な一翼を担っています。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
FVジャパンの画像
記事一覧