【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

オフィスでコーヒーを摂るのに適したタイミングを知っておこう!

公開日:2022/03/01  最終更新日:2022/04/01


「仕事の休憩中には毎日コーヒーを飲む」という人は多いですよね。オフィスで飲むコーヒーには集中力アップやリフレッシュ効果が期待できますが、その効果を十分に実感するためにはコーヒーを飲むタイミングにも気を付けたいもの。今回は、オフィスでのコーヒーに適したタイミングについて解説します!

仕事中にコーヒーを摂るメリット

オフィスコーヒーのメリットについて2点解説します。

眠気を抑えて集中力を上げられる

「コーヒーを飲むと眠れなくなる」と言われるように、カフェインには眠気覚ましの効果があります。コーヒーを飲むことで「アデノシン」と呼ばれる物質の働きが抑えられますが、この「アデノシン」には脳の興奮を抑えて睡眠を引き起こしたり、やる気を起こすドーパミンの働きを抑える作用があります。これらの作用を弱めることによって、眠気を抑えてすっきりと目を覚まし、集中力をアップさせることができます。

疲労解消効果

ドーパミンにはやる気や集中力がアップさせる効果のほか、脳をリフレッシュさせてくれたり疲労感を忘れさせてくれる働きがあります。また、コーヒーを飲むことでその香りに癒されてリラックスできるでしょう。

オフィスでコーヒーを摂るのに適したタイミング

集中力アップや疲労解消など嬉しい効果が期待できるオフィスコーヒーですが、その効果を十分に発揮するには「飲むタイミング」も大切です。

朝10時ごろ

カフェインの効果を高めるポイントは、ストレスホルモンの分泌が減少しているタイミングでコーヒーを飲むことです。ストレスホルモンの分泌量が増えている時間帯には、カフェインの効果を十分に実感することができません。一般的に、朝10時ごろはストレスホルモンの分泌量が少ないため、午前中の休憩としてコーヒーを飲むのに適したタイミングであると言えます。

昼休み

カフェインの効果はコーヒーを飲んだ30分後くらいから徐々に発揮されていきます。近年では、仕事の生産性を上げるために「昼寝」の時間を取り入れているオフィスも増えています。昼休みに仮眠をとるのであれば、先にコーヒーを飲んでから30分ほど眠ると頭がすっきりとするでしょう。

夕方4時ごろ

先述の通り、カフェインはストレスホルモンの分泌量が少ないときほどその効果を発揮します。夕方4時ごろもストレスホルモンの分泌が少なく、オフィスコーヒーに適した時間帯です。昼休みに仮眠する時間が取れない!という人は、午前・午後の休憩として朝10時と夕方4時にコーヒーを飲むのもおすすめです。

手軽にコーヒーを楽しめるサーバーの導入がおすすめ!

仕事中にコーヒーを飲みたい!と思っても、昼休み以外のタイミングでコーヒーを買いに出かけるのは難しいですよね。コーヒーサーバーを設置することで、いつでも手軽に本格的なコーヒーを楽しむことができます。専門店に買いに行くよりコストパフォーマンスも良く、社員の休憩にはもちろん来客時にも重宝する優れものです。

最近ではコンパクトサイズで高性能なサーバーが安く売られており、1台で紅茶やラテなども楽しめるものが増えています。カフェインの効果により、仕事の生産性アップも目指せますね!

 

今回は、オフィスでコーヒーを飲む効果と適切なタイミングについて解説しました。カフェインの摂取によって眠気覚ましや疲労解消、集中力アップなどの効果が期待できるため、オフィスでの休憩にはぜひコーヒーを取り入れたいものです。また、毎回買いに行く手間をなくすには、コーヒーサーバーの導入もおすすめです。コンパクトで場所を取らないものも多いため、オフィスに合うものを探してみるのも良いですね。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
FVジャパンの画像
記事一覧