【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーの設置スペースはどのくらい必要?

公開日:2020/07/01  最終更新日:2020/07/06

レンタルでコーヒーサーバーを申し込み際に疑問となるのが設置方法です。せっかく契約してもやり方が分からなかったりスペースが足りなければ意味がありません。導入する時はどのような流れになるのかあらかじめ把握してください。

業者が指定した場所まで運んでくれる

現在は、多くの企業でコーヒーサーバーの導入が進んでいます。いろいろなタイプのレンタルもできるのでより気軽に設置しやすくなりました。バリスタが淹れたような本格的なコーヒーをオフィスで飲むことが可能なのです。コーヒーサーバーは大きなサイズからコンパクトサイズまで提供されています。

容量が少ないタイプは5~10杯用のデカンタ・ポットタイプや1杯取りのドリップマシンがあります。これらは大人数を一度に淹れるには向いていませんが小規模オフィスであれば十分です。大・中・小とサイズがあり、予算や利用方法に応じて製品が用意されています。ホームページにサイズが記載されているので確認しましょう。

コーヒーサーバーのレンタルに関しては難しいことはありません。大型のものでも設置について気にかける必要がありません。レンタルは契約して導入するための一連の手続きを業者が行ってくれます。メーカーから取り寄せて使用する場所まで運送し、オフィス内にも搬入してくれます。

指定した場所にサーバーを設置し、簡単なテストをして使える状態か確かめれば完了です。信頼できる業者なら使い方など分からないことをレクチャーしてくれます。こちら側で決めるのはどの場所にするかということだけです。もし、サイズとスペースの兼ね合いが難しいようなら設置場所の提案もしてもらいましょう。

小型のタイプは自分で簡単に設置できる

大型ではなく卓上タイプのような小さなコーヒーサーバーをレンタルしたなら配送されるだけです。設置は自分たちで行う必要があります。あえてスタッフを派遣しないのには理由があるのです。

小型の卓上タイプはコンセントにプラグを指して使用する仕組みになっています。水平となる場所を選んでコーヒーサーバーを置き、付属品を付ければ後はコンセントにプラグを差し込むだけです。これなら導入の際に手間がかかりません。手順書が送られてくるのでスタッフを派遣しなくても自分でやってもらう形になります。

必要なスペースはA4サイズ程度なのでオフィスの邪魔になりません。ハーフサイズですが大型と比較しても機能は劣らず、美味しいコーヒーを楽しめます。操作はスイッチを押して選択するだけなので誰でも直感的に使えます。矢印や数字で好みを選べるのでとても簡単です。ほとんどのサーバーでは高度な操作は必要としません。

分からなくなったらすぐに問い合わせよう

レンタルを申し込んでサーバーが届いてもどうしたらいいか分からなくなることもあるでしょう。予期せぬトラブルが起きる可能性だってあります。手順書や説明書を読んでも何をすればいいのか判断できないケースもあります。そんな時は遠慮なくレンタル業者に問い合わせてみましょう。

電話で問い合わせれば作業をしながら質問することができるので問題も解決できます。また、稀に必要なパースが不足して設置ができないケースもあります。パーツの不足も問い合わせれば、後日業者の方から足りないパーツを送ってくれます。

 

コーヒーサーバーのレンタルで心配なのは設置に関しても知れません。しかし、大型であっても大抵は業者が運んで設置してくれるので心配ありません。こちらは場所だけ決めておけば、業者がメーカーからの取り寄せからテスト作業まで一貫して行ってくれます。

卓上タイプなどの小型であれば自分で設置することになります。付属品を取り付けてコンセントをプラグにさせばいいので簡単に完了します。万が一分からないことやトラブルがあれば業者に電話で問い合わせてみましょう。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧