【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーで来客へのコーヒー出しを時短

公開日:2021/02/01  最終更新日:2020/11/18


仕事をしていると、コーヒーで一息入れたくなるものです。一息入れることでリフレッシュでき、仕事の能率もアップします。最近はオフィスにレンタルコーヒーサーバーを導入する会社も増えてきていますが、このちょっとしたサービスは社員にとって大変ありがたいものです。それだけでなく来客があったときにも大変重宝します。

コーヒーの持つリラックス効果とは

なぜコーヒーを飲むとリラックスできるのでしょうか。ある研究で、コーヒーの香りと含有されているカフェインが気持ちを落ち着かせる効果があることがわかりました。コーヒーの香りをかぐとリラックスしたときの脳波であるα波が非常に多く現れ、またカフェインによりストレスを約65%も軽減させる効果があるのです。

そのため仕事で疲れやストレスが溜まった時は、コーヒーで一服するとリラックス効果を期待できるわけです。その結果、仕事の能率も再び向上させていくことができます。人間は機械ではないので、身体と心を休める必要があるのです。

それがたったコーヒー一杯でできるとしたら、これほど簡単なことはありません。社内のコミュニケーションにも役に立つことでしょう。オフィスにレンタルコーヒーサーバーを導入することによる効果を数字ではじき出すことは難しいかもしれませんが、実感として肌で感じることができるはずです。

レンタルコーヒーサーバーと時短効果

レンタルコーヒーサーバーを導入するメリットは、リラックス効果による仕事の能率アップが期待できたり、社内のコミュニケーションのためだけではありません。来客があったときのコーヒー出しやお茶出しにも大いに力を発揮します。

サーバーの種類にもよりますが、通常はワンタッチですぐに美味しいコーヒーを抽出できます。これにより担当スタッフの労力を軽減させることができると共に、時短効果が生まれ、他の仕事に支障を来さないようにできます。精神的な負担軽減効果もあるでしょう。

とくに来客が多いオフィスになればなるほど、レンタルコーヒーサーバーを導入するメリットが高くなっていきます。コーヒーをいれるスタッフも、やるべき仕事が他にもあるわけですが、お客様が来るたびにそれを中断しなければなりません。

これは担当していないスタッフが思っている以上に、とてもストレスがかかることなのです。レンタルコーヒーサーバーの導入により、このような問題も解決させることができるわけです。

レンタルコーヒーサーバーの機種選びについて

ところで大量にコーヒーを作り置きして保温機で暖めておき、必要に合わせてそこからいれるという方法もありますが、時間が経過すると煮立ってしまい味が濃くなってしまうデメリットがあります。社員も煮立った苦いコーヒーを飲みたいとは思わないことでしょうし、お客様には美味しいコーヒーをお出ししないと失礼になります。

レンタルコーヒーサーバーにはさまざまな機種が用意されており、予算とニーズに合わせてそれぞれの機種の性能を比較しながら選ぶ必要がありますが、味のことを考えると、やはり1回ごとに豆を挽いて飲むことができる全自動タイプや、その都度粉末を溶かして作ることができるタイプがおすすめです。

また、1日どのくらいのコーヒーをいれる必要があるのかによっても、機種選びは大きく変わってきます。さらに機種によっては、コーヒーだけでなくお茶やお水も出るタイプもありますので、単純に費用だけで選ぶのではなく、他の要素も勘案しながらじっくり選ぶことをおすすめします。

 

オフィスにレンタルコーヒーサーバーを導入することで、社員のリラックス効果による仕事の能率のアップが期待できると共に、来客があった際のコーヒー出しの時短効果を期待することもできます。機種はいろいろあるのでニーズに合わせて選ぶとよいでしょう。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧