【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーで作るコーヒーの分量は選べる?

公開日:2019/12/15  最終更新日:2019/12/02


レンタルコーヒーサーバーの導入は、気軽に飲んでもらえるので良い方法ですが、分量をうまく調節できるのかというのが気になるかもしれません。無駄なコストをかけず、従業員の満足度を高めるためにもその実態を詳しく理解しておきましょう。

サーバー式のものなら自由に量を選べる

レンタルできるコーヒーサーバーには大まかに分けると二種類あり、サーバー式のものと一杯抽出式のものがあります。サーバー式のコーヒーサーバーとは家庭用としてもよく利用されているコーヒーメーカーと同じもので、オフィス用に容量が大きくなっているのが特徴です。

コーヒーの粉と水をセットしてスイッチを入れると自動的にコーヒーが抽出されてサーバーに貯められるという仕組みになっています。この場合には個人が必要な量だけ自分のカップや紙コップに注げば良いため、分量は自由に調節することができます

また、サーバーに貯める量も満タンにする必要はなく、とりあえず必要そうな量がどのくらいかを見積もってコーヒーの粉とタンクに入れる水の量を調節すれば量を決めることが可能です。個人によって分量の好みの差が大きいときや、状況によって消費量がかなり違うときにはサーバー式のものを選ぶのが合理的でしょう。

一杯ずつ抽出するマシンの場合にはケースバイケース

一杯抽出式のコーヒーサーバーをレンタルしたときのほうが分量については注意しなければなりません。結論から言えばどんなマシンを借りるかによってケースバイケースで、一杯の抽出量が正確に決まっている場合もあれば、数段階に分けて設定できる場合もあります。

古くからよく用いられているのが紙コップに一杯、あるいは通常のコーヒーカップに一杯の量を自動的に淹れられる仕組みになっているものです。ワンタッチでコーヒーを淹れられるというメリットはあるものの、分量については自由に決められません

一方、抽出に使用する水量を調節できるようになっているコーヒーサーバーもあります。三段階から五段階程度というのが一般的で、必要な量を自身で設定してスイッチを押すと希望の量のコーヒーが出てきます。

ただ、この方式の場合には一定のコーヒーの粉に対してどのくらいの水量を使うかという形になっているので、少なめにすると濃いコーヒーになり、多くするとアメリカンのように薄めのコーヒーになるのが普通です。さらに高機能なものになると濃さも一定に保ちながら好きな分量を選んでコーヒーを淹れられるようになっています。

このような違いがあることを念頭に置いておかないと、従業員が満足してくれなかったり、廃棄するコーヒーが多くなったりしてしまうので注意しましょう。

現場に応じて種類を選べば問題はない

重要なのは現場に応じて適切なコーヒーサーバーをレンタルすることです。まとめてたくさんサーバーにコーヒーを貯められたほうが良いか、分量を細かく選んで一杯ずつ淹れられたほうが良いかは違うのでよく検討してから申し込むようにしましょう。

 

レンタルコーヒーサーバーにはサーバー式一杯抽出式のものがあり、サーバー式であればまとめてたくさん抽出したコーヒーを各自が自由に注ぐことができるので分量は好みに合わせられます。一杯抽出式の場合にはケースバイケースなので分量を細かく決められるようにするには高機能なサーバーを選ばなければなりません。

現場に応じてどの程度のニーズがあるかは異なるので、適切なマシンを選んでレンタルするようにしましょう。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧