【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーと家庭用のコーヒーサーバーに違いはある?

公開日:2019/09/01  最終更新日:2019/08/26

オフィス向けに提供されているコーヒーサーバーのレンタルサービスでは、家庭用のサーバーとは違うものを使えるのではないかと思う人もいるでしょう。家庭用のものとはどんな違いがあるのでしょうか。

オフィスには家庭用のサーバーを買って導入することもできるということを念頭に置いて、レンタルする魅力も確認しておきましょう。

借りられるサーバーはほとんどが同じもの

オフィス用のレンタルコーヒーサーバーと家庭用に市販されているサーバーではどんな違いがあるのかと気にかかる人も多いですが、実はほとんどの場合には同じものを提供しています。特に少人数のオフィス向けになっているサーバーの場合には3人分から8人分くらいのものが多く、家庭用のサイズで十分に通用するものなのです。

また、一杯ずつ抽出するタイプのサーバーの場合には人数によらずオフィスでも家庭でも利用できるのは明らかでしょう。特にオフィス向けに仕様が変更されているわけではなく、家庭と同様に気軽に導入できるサーバーが多いのです。

ただ、中にはオフィス用にデザインされたものもあります。例えば、十数人分のコーヒーを同時に入れられるようになっているサーバーもあり、大容量なのがメリットとして大きな会議などのときによく活用されています。家庭用でも10杯分くらいは同時に入れられるものが販売されていますが、それを超える容量のものも借りることができるのです。

また、家庭用の場合にはタンクに水を入れて抽出する形になっていますが、オフィス向けの場合には水道管から直接配管しておいて水を入れ替えたり足したりする必要がないものもあります。このような特別なサーバーを除くと、家庭用と同じものがオフィス用に貸し出されているのです。

買えるコーヒーは業務用が多いのが特徴

コーヒーサーバー本体については家庭用と同じことが多くても、実はコーヒーについては全く同じではないことがほとんどです。家庭用に比べると消費量が多いことから大容量での販売になっていて、業務用サイズで提供されているケースが多くなっています。

中身のコーヒーが同じかどうかは業者によって異なり、単純に家庭向けに販売されているものを大容量にして安くしただけのことも珍しくありません。一方、さらに安くするために別名柄にしていたり、逆に質の高さを要求する現場のためにプレミアムコーヒーを用意したりしていることもあります。ただ、どちらの場合でも容量は大きめで、普通の家庭では消費するのに困ってしまうような量で提供されるのが一般的です。

周辺サービスが充実しているのがメリット

サービスという観点からもレンタルコーヒーサーバーと家庭用のコーヒーサーバーは違うということも知っておくと良いでしょう。家庭用の場合には買ってしまったら自分で手入れをしなければなりませんが、業者に借りた場合には定期的にメンテナンスをしてもらうことができます。

故障してしまったときにも速やかに修理や交換で対応してくれるので安心して使い続けることが可能です。また、希望に応じて機種を変更することもできるなど、業者によっては手厚いサービスを提供しています。周辺サービスが充実しているのは特にオフィスで使用するときにはとても魅力が大きいところでしょう。

 

オフィス向けのレンタルコーヒーサーバーは本体だけみるとほとんどの場合には家庭用のサーバーと同じです。容量が大きいものを借りられたり、水道管から直接水を供給できるサーバーがあったりするのは確かですが、そのようなサーバーを選ばなければ家庭用と変わりはありません。

しかし、コーヒーについては業務用で大容量というのが基本で、業者によっては家庭用と違うコーヒーを選べるようになっていることもあります。また、レンタルすると周辺サービスが充実していて、メンテナンスをしてもらえるなどのメリットがあるのが特徴です。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧