【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーがオフィスにもたらす好影響

公開日:2018/11/01  最終更新日:2018/12/18

オフィス内でレンタルコーヒーサーバーの導入が積極的に進められています。

その背景には仕事にもたらす良い影響があることが導入の促進につながっているといいます。

社内にレンタルコーヒーサーバーを導入することにより、どのような良い効果がもたらされるのかについて、その重要な効果を3つのポイントに絞って解説することにします。

 

オフィス内でのコミュニケーションを高める効果

まず、レンタルコーヒーサーバーをオフィスに導入することにより、社員同士のコミュニケーションを高めることができます。

同じ会社に属していても部署が違うだけで話しをする機会というのはぐっと下がってしまいます。

顔見知りではあるものの、実際に話しをしたことがないという社員も多いのではないでしょうか。

そんな時にでも、コーヒーサーバーでコーヒーを淹れる際に、一緒になった社員との間でさりげないコミュニケーションが生まれます。

当たり障りのない天気の話から、自然と社員同士の間で交流が生まれるのです。

そういった小さなきっかけから社内の人間関係を円滑に運ぶことができるようになるのです。

今までは近寄りがたいと感じていた上司が、ちょっとしたコーヒーブレイクで実は気さくな人だとわかれば、それは仕事上の人間関係の円滑化に一役買うことになります。

そういったことが理由となり、現在では多くのオフィスで積極的にレンタルコーヒーサーバーの導入が実施されており、社内の人間関係に良い影響をもたらしているのです。

 

仕事の効率を相対的に高める効果

コーヒーの香り自体が、人間の集中力を高めて仕事を効率化するのに大変効果があるという研究結果が出されています。

そういった研究結果を元に、オフィスで働く人であれば誰でも自由に利用することができるレンタルコーヒーサーバーを設置する企業が徐々に増えてきています。

ビルの何フロアにも渡って会社のオフィスを置いている企業の場合は、部署ごとにコーヒーサーバーを設置し、いつでも自由に好きなだけ利用することができるように環境を整えているのです。

ランチの後や午後3時以降はどうも集中力が低下しやすくなるため、そこで一息コーヒーブレイクを入れることによって気持ちを引き締めて仕事への集中力を高めることができるようになるのです。

また、朝食を自宅で取らないという人の場合は、オフィスで飲むコーヒーが朝食代わりになり、寝ぼけた頭をシャキッとさせるための効果をもたらします。

そういった理由から仕事への集中力を高める目的でコーヒーサーバーを積極的に活用している職場が増えており、利用者が増えているのです。

 

ちょっとした気分転換になる効果

コーヒーには集中力を高めるとともに、リラックス効果があります。

仕事が煮詰まっている時に少しコーヒーブレイクを取ることで、気分がスッキリとするとともに脳や体をリラックスするための効果をもたらします。

一緒に砂糖をいれれば脳の働きに必要な糖分を摂取することができるため、仕事の合間のちょっとした気分転換にもなるとあって現代人には欠かせないものがコーヒーなのです。

コーヒーを淹れるために席を立ってレンタルコーヒーサーバーまで行き、そこでちょっとした作業をする必要があるので、それが気分転換になるといいます。

ずっと席に座って仕事をしていれば、途中で集中力が切れてしまうので、区切りの良いところで自主的にコーヒーブレイクを入れることで仕事の合間に気分転換をすることができるのです。

15分ほど休憩を入れれば、後はまた集中して仕事に取り組むことができるようになります。

仕事の合間にコーヒーを作って飲むだけでも外に出て深呼吸をするのと変わらない気分転換をすることができるため、レンタルコーヒーサーバーは便利です。

 

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧