【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーを気に入ったらそのまま購入できるのか

公開日:2021/03/15  最終更新日:2021/01/26


レンタルサーバーは魅力的なサービスとしておすすめですが、利用しているとそのまま購入したくなるという人もいるでしょう。このような場合に実際に購入できるかどうかは、業者によっても変わってくるようです。そこで、レンタルサーバーを購入できるのか、どのようなメリットがあるのかといった点を解説するので、検討している人は参考にしてください。

購入できるかはケースバイケース

コーヒーサーバーをレンタル後に愛着が湧いてしまい、実際に欲しくなることがあるでしょう。何より長期レンタルしていると費用も毎月かかってしまうのがデメリットでもあります。レンタルサーバーを実際に購入できるかは、業者によってわかれるようです。

たとえば利用して1年経ったらお得な価格で購入できることもあり、低コストでコーヒーサーバーを入手できるところもあります。逆にまったく購入等はできなくて、自分でコーヒーサーバーを購入しないといけない場合もあるようです。

このように業者によって対応が異なるため、購入制度があるのかどうかをレンタル契約前に確認しておきましょう。また、購入するにしても、お得になるのかどうかは検討する必要があります。レンタル業者から買うよりも、自分で中古製品を購入したほうが安くなることもあるためです。事前の下調べも購入前には大事になってくることは、知っておくようにしましょう。

コーヒーサーバーを購入するメリット

レンタル業者から購入することで、さまざまなメリットが得られます。まず、自分が毎日使い慣れているコーヒーサーバーが手に入るのは大きなメリットでしょう。新しい製品を手に入れて使い方を習得するのは大変ですし、コーヒーサーバーによって味が大きく変わるといったこともあるようです。

そのため、使い慣れているコーヒーサーバーが購入できるのであれば、不便さを感じることもありません。他にも、月々のレンタル費用もかからなくなってくるため、大幅にコスト削減することも可能でしょう。このようなメリットがあるため、コーヒーサーバーの購入を検討してみるのもよさそうです。

実際に買う際には、カスタマーサポートに連絡して対応してもらえるか聞いてみましょう。先述したように対応しているかどうかは業者によって変わってきます。買取り制度がなくても相談したら可能なこともあるので、問い合わせてみましょう。

デメリットもある

コーヒーサーバーを買うことはよいことだらけではありません。思わぬデメリットもありますから、注意しておきたいところです。たとえば、コーヒーサーバーが故障した場合は、修理しないといけなくなります。レンタルしていれば業者が対応してくれますが、買った後はすべて自己責任です。

壊してしまったらワランティも受けられなくて困ることもありえます。さらに、レンタル解約すると豆もどこから入手するのか困る人もいるでしょう。フィルター等も自分で仕入れて来ないといけません。お気に入りの豆も手に入らなくなり、味が変わってくることもあるでしょう。

こうしたリスクがありますから、実際に買う前には検討が必要です。レンタル品を買うということは、中古品を買うのと同じです。中古品ですから寿命が短くて直ぐに壊れることもありえます。このようなデメリットも注意点の1つですから、買う前にはどのくらいの耐久性があるのかも見ておきましょう。

 

コーヒーサーバーを買うのもよいですが、じっくりと検討しておく必要性があります。買うだけでなくそのままレンタルする選択肢もありますから、費用などを長期的に計算して最もお得な道を選びましょう。コーヒーサーバーのレンタルをする場合は、業者のサービス内容をしっかり把握することが大切です。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧