【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

コーヒーサーバーレンタルの手続きの流れとは?準備するものはある?

公開日:2019/06/15  最終更新日:2019/05/07

オフィスでコーヒーサーバーを設置したいということもあるでしょう。一般的には購入ではなくレンタルで対応をするということが多いです。

設置をする際にどんな手続きが必要になるのか、知っておくと何かと便利でしょう。

 

対応をしている業者を選定すること

コーヒーサーバーのレンタルを考えているのであれば、まず専門業者を探す必要があります。有名な業者もありますが、オフィスのあるエリアまで対応をしているのかどうか、という点もチェックをしておく必要があります。

実際に利用をしたいと考えていても、エリアが対象外になってしまっていれば、何もすることができません。まず対応をしているエリアをチェックした上で対応をしているのであれば、電話などで連絡を取ってみるとよいでしょう。

中にはメールでの問い合わせに対応をしているところもあるので、各社で問い合わせ方法も違っていることがあります。電話での連絡であればダイレクトですし、メールのように時差を感じることもないので話も行いやすい、スムーズということがあります。

場合によっては実際にオフィスに足を運んでもらって相談をするということもあります。

 

事前に必要になるものを確認しておく

オフィスにコーヒーサーバーを設置する場合、まず必要になるのが設置するスペースです。十分なスペースを確保することができなければ使うことができなくなってしまいます。

熱を発するということもあるので、燃えやすいものが近くにあるともしもの場合には危険です。もちろん、発火をすることがないような構造にはなっていますが、リスクはできるだけ回避をしたほうがよいので、スペースの確認というのはとても大切な部分になってきます。

他にも電源の確保を考えなければいけません。コーヒーサーバーには電源が必要になってくるので、コンセントの近くに設置をすることができるのか、ということもチェックをしなければいけません。電源の確保は設置をする前に準備をしなければいけないことなので、確認をしておくとよいでしょう。

他にも水の準備ということもあるので水の確保も検討をしておく必要があります。洗浄をすることも必要になってくるので、洗浄をすることができるスペースも準備をしておく必要があります。

 

実際に契約をする際に必要になってくるもの

コーヒーサーバーをレンタルすると当然費用もかかってきます。コーヒーも注文をしなければいけません。フィルターなども必要になってくるので、サーバーのレンタルを行っている業者から定期的に購入をするということも必要になります。

実際にレンタルをするとなった場合には、契約書の作成に入ります。請求書の対応に関しても確認をしておかなければいけません。メンテナンスを定期的に行っている業者であれば、メンテナンスの際に現金で支払いをすることもできますし、銀行口座に振り込むことも可能です。また企業のオリジナルの請求書で請求を行う方法もあります。様々な支払い方法があるので、どれが一番メリットがあるのか、管理しやすいのかということを考える必要があります。

定期的な訪問もどれくらいの間隔で行っていくのかなども決める必要があります。1回のコーヒーの納入量なども事前に決めることができる場合もあるので、利用する量を事前に決めておくとよいでしょう。

 

オフィスで休憩時間のコーヒーを飲むということは一般的に行われています。しかし自分で自動販売機などで購入をすると味気ないということもあるので、コーヒーサーバーを専門業者からレンタルするということもあるでしょう。

設置をすることができるスペースを確保することができるのかどうか、電源はどうやって確保をするのか、ということも実際に業者に入ってもらう前に確認をしておくとよいでしょう。設置を決めてもスペースを確保することができないということになると残念な結果になってしまいます。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧