【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

コーヒーサーバーのレンタル料の相場とは?何で値段が変わる?

公開日:2021/05/15  最終更新日:2021/03/09


コーヒーサーバーを企業で導入しようと考えている場合、レンタル料金はどれくらいかかるのか気になって調べる企業担当者は少なくありません。具体的にどれくらいかかるのか、また企業や利用する機種によって料金が変わるのかなどを理解しておくことで、導入するうえでの参考となるでしょう。事前に相場も知っておくことをおすすめします。

コーヒーサーバーのレンタル料の相場は?

レンタル料は導入するときのサーバーを取り扱っている会社によって多少異なりますが、無料で貸し出ししているところが増えてきました。これは機械自体を無料で貸し出すことで、コーヒー豆やオプションから料金を取る仕組みです。

とくにポーションタイプのサーバーを貸し出しているところの場合、毎月一定量のコーヒーを導入することが望ましいといえます。レンタル料を取っているところでも提供している機種によって多少料金は異なり、必ずしもすべてが高額な訳ではありません。しかし特殊なエスプレッソなどを大量に作ることができる機種を提供しているところは多少割高となることがあります。

自動販売機タイプのコーヒーを提供している企業の場合は通常のコーヒーサーバーと自動販売機を一緒に導入することで、より割安な価格で提供してもらえることも珍しくありません。相場となる基準は企業ごとに異なるため、見積もりを取り寄せて確認してから活用するべきでしょう。

かかる費用にメンテナンス料は含まれる?

メンテナンス費用は企業によって異なりますが、毎月訪問してメンテナンスを行っても無料というところが多いです。またコーヒーサーバー故障時に短時間であれば無料で交換可能としているところも少なくありません。レンタル料を取っているところでもメンテナンスに関しては無料で行っているところが多く、必要な費用以外はそれほどかからないと考えてもいいでしょう。

部品の交換などを無償で行っているところも多いため、部品の経年劣化や摩滅による交換が無料となっているところもあります。普段使っている費用だけでいいというところもあれば、万が一の故障に関しては費用が掛かるというところもあるため、事前に確認してから導入することが望ましいです。

とくにエスプレッソコーヒーを入れられるような企業の場合、メンテナンスで時間と費用がかかるのではないかと不安に思う人も多いですが、企業によって無償で実践しているところが多いです。企業から見積もりをもらった時にはその内訳について問い合わせてぜひ確認してみましょう。

見積もりで出される料金の違いはどこ?

基本的にコーヒーサーバーのレンタル料を取っているところの場合、サーバーの機種によって料金が大きく異なります。エスプレッソコーヒーメーカーや大人数で飲めるような量を入れられる機種の導入を検討している企業だと、他より多少費用が高めに見積もられることが多くなります。

ただしサーバー自体を無料で貸与している場合は、毎月仕入れるコーヒー豆の種類や量から金額の違いに違いが出てくるようになっているのが特徴です。もちろん豆の種類によって味も大きく異なりますので注意して選ぶようにしましょう。

また、フィルターなどのオプション品費用を含めて見積もりを出しているところもあるため、依頼する前に見積もりに含まれているかどうか確認しておくと契約後にトラブルが発生しづらくなります。このように企業ごとにトータルで算出される費用はさまざまな要因により異なるので、あらかじめ見積もりをもらっておくことで正確な料金を把握できます。

 

コーヒーサーバーを導入する際には、サーバーレンタルの代金の無料・有料やコーヒー豆をどれくらい毎月利用するのかなどを含めて、総合的な判断が必要です。3社から5社程度の見積もりをもらい、わからないところは問い合わせて相談することがよい結果につながります。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧