【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバー利用時に自分たちで用意するものとは?

公開日:2019/04/15  最終更新日:2019/03/11

オフィスでおいしいコーヒーが飲めたら仕事の効率も上がりやすくなるでしょう。

そのために役立つのがコーヒーサーバーのレンタルですが、レンタルする際に用意するものには何があるでしょうか。

以外と忘れがちなポイントを押さえておきましょう。

 

コーヒーを飲むために必要なものを知りましょう

コーヒーを飲む際に絶対に必要なのがコーヒー豆ですが、これは豆から焙煎するものでも挽いたものでもインスタントでもかまいません。

オフィスでも最高のコーヒーが飲みたいと思ったら豆から焙煎すべきでしょうから、まずコーヒー豆を用意します。

そして豆を挽くための道具が必要ですからクオリティの高いミルサーも使います。

そうしたら次は挽いた豆でコーヒーを入れるための道具も必要ですが、コーヒーの仕上がりにこだわるならサイフォンで入れるのが一番でしょう。

入れたコーヒーを飲むためのカップも必要ですし、人によっては砂糖やミルク、ラテやカプチーノが飲みたい人なら泡立てる道具もなければいけません。

また、エスプレッソでないと飲まないなら別の道具が必要になりますが、レンタルすると、こうした物を用意しなくてもおいしいコーヒーを飲むことができます。

 

レンタルすればいらなくなるものがあります

コーヒーサーバーをレンタルすれば、まずコーヒー豆と豆を挽く道具、サイフォンやコーヒーメーカーはいらなくなります。

コーヒーを作るための基本の道具がいらないのは、かなり負担減になるでしょう。

ラテやカプチーノ、エスプレッソが飲みたいという場合、普通は自分で泡立てる道具やミルクなどを用意しなければなりません。

でも業者によってはカプチーノやエスプレッソが飲めるタイプもあるので、最初からそれを選べば用意するものもかなり減ります。

フィルターは取り換えるタイプのものとそうでないものがあるので、負担に感じるのならフィルタータイプを選ぶべきです。

休憩時間に缶コーヒーを欠かさなかった人はその分のお金を用意する必要がなくなり財布が軽くなります。

またお手入れもしてくれるので、コーヒーを淹れるための道具を洗っていたりお手入れしていた時間も必要なくなります。

 

レンタルしても必要なものもあります

コーヒーサーバーをレンタルしても、どうしても自分たちで用意しなければならないものもあります。

まずコーヒーを飲むためのカップです。

個々で好みのコーヒーカップやマグカップを持って来てもいいですし、会社で紙コップを買ってもらってもかまいません。

砂糖やミルクなど、人によってはシナモンなど、嗜好に合わせたものも自分たちで用意します。

こういうものを入れる人は必ずかき回して飲むと思いますからそのための道具が必要なのでマドラーやスプーンも必要です。

大抵の会社では経費でおちると思いますが、使う人と使わない人がいるので経費と認めてもらえないことも考えられます。

少しでも負担を減らすためには淹れられるコーヒーの種類が多いものをレンタルすべきです。

また、個人ではなく会社が用意しなければならないのはレンタル料で、経費削減や社員のモチベーションアップのためには、少しでも安くてメンテナンスやサービスの質のいい会社を選ぶのが得策です。

 

コーヒーサーバーをレンタルすれば、急な来客にも素早く対応できて、会社の印象アップにも貢献してくれるでしょう。

しかしレンタルしても会社や自分たちで用意しなければいけないものもあります。

特に紙コップなどを利用する場合は消耗品として、きらさないように気をつけましょう。

 

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧