【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーの比較ポイント

公開日:2020/12/15  最終更新日:2020/11/18


福利厚生としてコーヒーサーバーを導入する企業が増えています。初期費用が抑えられるレンタルコーヒーサーバーが導入しやすく人気です。しかし、レンタルサービスを行っている企業は数多くあり、どこもそれぞれの特徴があり、選定には頭を悩ましてしまいます。

コーヒーサーバーのマシンタイプによる比較

レンタルできるコーヒーサーバーには大きく3つのタイプに分けることができます。そのタイプにはそれぞれの特徴がありますので、その特徴をポイントとして比較することも大切です。

まず、一杯抽出型というその名の通り、一杯ずつコーヒーを淹れるタイプです。このタイプの場合、エスプレッソ・アメリカン・カフェオーレなどのボタンが用意され、コーヒーの濃さやミルクの有無が選べるようになっています。そのため、一人ひとりが好みのものを選ぶことができます。

ただし、大人数の来客や会議があった場合、一杯ずつ淹れるため少し時間がかかってしまうことも考えられます。

一方、ブリューワー型という一気に抽出できるタイプは、大人数にも素早く対応できるといえます。砂糖やミルクを個別に準備しておけば、個人の好みにも対応することは可能です。

最後は自動販売機にそっくりなタイプがあげられます。多彩なメニューから好きなものが選べ、マシンによってはコーヒーの濃さやミルクの量も微調整できます。

メンテナンス性のよさも重要なポイント

コーヒーサーバーを導入すると日々使っていくことになりますので、メンテナンス性のよさは重要なポイントとなります。メンテナンスが複雑である場合、せっかく導入しても使われなくなる可能性も高いため注意が必要です。レンタルサービスを行っている企業は、メンテナンスにも気を配っているため、定期的なメンテナンスに来てくれるのが一般的です。

ただし、その間隔は企業により大きく異なるため、この点はしっかりと事前確認しておくことをおすすめします。自動販売機型はマシンが大型ですが、日々の洗浄などの手入れが不要であるところは注目ポイントです。

一杯抽出型やブリューワー型は、コーヒーのカスがたまったら捨てたり、水の補給が必要なマシンもあり、部分的な洗浄も必要になることが多いです。さすがにこのようなメンテナンスは自社で対応する必要があるため、当番を決めたりワーニングが表示されていたら気づいた人が対応するなどの運用となります。

やはりコストは最も気になるポイント

こだわりの一杯が抽出できるマシンや高級なコーヒー豆を使用することで、コーヒー好きの方も唸らせる一杯を提供することもできます。ただし、それに比例してコストも高くなることを忘れてはなりません。せっかくコーヒーサーバーを導入する動きになっても、コストがかかりすぎて否認されてしまうことも少なくありません。

ここでのポイントはやはりコストパフォーマンスを求めるのがよいのではないでしょうか。利用頻度や社員の好みなどを事前にリサーチしておくことは重要です。

ニーズが少ないのにコーヒーサーバーを導入しても使われないと宝の持ち腐れとなります。利用頻度が少ないようであれば、一杯抽出型を選択しておくのが無難です。レンタル費用も比較的安いものが多いのもこのタイプです。

コーヒー豆については、各社バリエーションが多いため、予算に応じたものを選択することが可能となっています。意外と盲点になるのが、カップやマドラーで個別に購入するのが一般的です。

 

コーヒーサーバーを導入する際のポイントをあげてみましたが、いかがだったでしょうか。まだ、コーヒーサーバーを導入していない場合、提案してみてはどうでしょうか。きっと職場環境が充実し、コミュニケーションの場としても有効活用されるようになると思います。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧