【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

コーヒーサーバーに組み立てる部品などある?

公開日:2019/11/15  最終更新日:2019/12/02


美味しいコーヒーをいつでもオフィスで飲めるようにしたいのなら、コーヒーサーバーの導入をおすすめします。飲みたいときにすぐに用意できるため、効率的だといえます。こちらでは、導入時に機器を組み立てる必要があるかどうかの説明をします。そして、何もしなくてもよいレンタルサービスの紹介もしますので、参考にしてください。

組み立てに細かい部品を使うようなことはない

コーヒーサーバーは梱包を解けばすぐに使えるというわけではなく、コーヒーを作れるようにする準備が必要になります。しかし、それほど難しいものではなく、細かい部品を組み立てるようなことはないと考えたほうがよいでしょう。

部品はありますが、豆を入れるケースだったり水を入れるタンクだったりするので、着脱が難しいと感じることはないでしょう。マニュアルに記載されている通りに準備をおこなえば、すぐにコーヒーが飲める状態になるはずです。

なお、一度取り付けたら終わりというわけではなく、メンテナンスをおこなうときに外す必要がある部品もあります。そのため、取り付けるときに取り外し方もしっかりと確認しておけば、メンテナンスが楽になるでしょう。

部品よりも設置場所を気にしよう

部品を使った組み立てはとても簡単ですが、設置場所の選定はしっかりとおこなわなければいけません。きちんと組み立てられても、予定していた場所に置けないのでは、満足できる導入にはならないでしょう。

そのため、コーヒーサーバーを導入するのなら、縦と横、そして高さをしっかりと把握しておくことをおすすめします。とくに、高さは盲点になるので、実際の設置場所を測ってしっかりと数値として把握しておきましょう。

狭い場所に設置してしまうとメンテナンスをするのも大変なので、ある程度余裕があるところを選ぶことを強くおすすめします。

いろいろ丸投げできるレンタルサービスがおすすめ

コーヒーサーバーを導入するのが難しそうだと感じたのなら、業者に丸投げしてしまうことも考えましょう。機器を購入できる業者ならば、設置もおこなってくれるケースがあるので、頼んでしまえばコーヒーを楽しめる段階まで準備をしてくれます。

そして、もしも業者へのお願いを考えるのなら、レンタルサービスの利用も考えることをおすすめします。レンタルサービスを利用すれば、設置だけではなく、アフターケアもバッチリ用意されているのが魅了です。

まず、コーヒーサーバーに何かしらの不具合が起こったときは、連絡すれば駆けつけてくれて修理をおこなってくれます。誤って部品を壊してしまった場合は、交換品を用意してくれるので、コーヒーを美味しく飲めるオフィスがすぐに戻ってくるでしょう。

また、わざわざ注文しなくてもよいように、コーヒーの豆の定期配達をおこなってくれるところもあります。なくなった頃に届き、コーヒー豆が切れることはないので、いつでも飲める状態に保つことが可能です。

もちろん、定期配達以外の注文も受け付けてくれるので、急に必要になっても業者に注文すれば解決です。コーヒーサーバーは導入すれば終わりではなく、その後もお手入れや補充が必要になるため、それらもやってくれるレンタルサービスの活用を考えましょう。

 

コーヒーサーバーの組み立てはマニュアルに書いてあるので、それを守れば簡単にコーヒーを飲める状態にできます。どちらかというと設置場所のほうが問題となるので、機器の大きさの確認と設置場所の測定をおこなっておいたほうがよいでしょう。

もしも、導入もアフターフォローも前部丸投げしたいと考えるなら、レンタルサービスの活用がおすすめです。業者が、いつでも美味しいコーヒーを飲める状態にしてくれるので、苦労なくコーヒーサーバーをオフィスで運用できます。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧