【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーでコーヒー豆の産地は選べる?

公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/09/25

会社や事務所でレンタルコーヒーサーバーを利用すると、でき立てのおいしいコーヒーを気軽に飲むことが可能です。メーカーの努力によりバリエーションが増えていて、エスプレッソやカプチーノなどに対応する機種や、コーヒー豆の産地までも選択できるメーカーもあります。今回は、レンタルコーヒーサーバーの機能について詳しくご紹介します。

一時的に利用するのにお得に活用

コーヒーサーバーをレンタルするといろいろなメリットがあります。まず、購入の場合に必要となる初期費用がかかりません。購入すると数千円~数万円の費用がかかることが多いですが、レンタルすると業者によって初期費用が無料になったりお得なキャンペーンを利用したりすることで、コストを抑えて運用することが可能です。

コーヒーサーバーの台数や種類などを変更できたり、一時的にしか使わない場合に一日単位でレンタルしたりも可能な場合があります。基本的に業者がメンテナンスしているので、サーバーの清掃やメンテナンスなどを任せることができ、故障してもすぐにかけつけてくれるので便利です。定期的なメンテナンスを利用できるので、衛生状態を良好に維持できます。

カフェオレなどミルクの量を調整可能

レンタルコーヒーサーバーは毎日飲むコーヒーを工夫できます。サーバーによってはエスプレッソを作ることができるものもあり、メーカーによってはコーヒー豆の産地を選択することも可能です。ホットはもちろんアイスにも対応していて、各自の好みに対応してくれるマシンが多く提供されています。

エスプレッソやカプチーノにも対応していて、こだわりの味をオフィスでも楽しむことができるでしょう。砂糖やミルクなどを入れることができ、全部サーバーがやってくれるので楽です。砂糖やミルクなどの量を自由に設定でき、好みのコーヒーに仕上げられるので便利です。

メーカーによってはミルクポーションを使っている種類と、本当の牛乳を使っている種類がありますが、牛乳を使っているならカフェオレを作ることも可能ですし、マシンにより牛乳の量を自由に調節できるので、自宅にいるような感覚で味を変えることが可能です。

産地や焙煎度合いがポイントです

オフィスにコーヒーサーバーを提供しているメーカーによって、こだわりが見えるのがコーヒー豆でしょう。豆へのこだわりがコーヒーの味を左右するといっても過言ではありません。業者によっては豆の生産地を選択できるので便利です。おいしいコーヒー豆を選ぶにはいくつかポイントがあり、たとえば重要なのが銘柄です。

産地によって味や風味などが異なり好みが分かれます。代表的なコーヒー豆として、モカはイエメンやエチオピア産が有名で、フルーツによく似た香りやコクが特徴的です。マンデリンはインドネシア産で、酸味が少なく苦味が強いでしょう。ハワイコナはハワイ産で、強い酸味が特徴的になります。

ブルーマウンテンはジャマイカ産で、バランスのよい味や滑らかな口当たりを体験することが可能です。キリマンジャロはタンザニア産で、強い酸味やコクを味わうことができます。ストレートとブレンドと呼ばれていることがありますが、ストレートは一つの銘柄のもので、ブレンドは複数の豆を混ぜ合わせた味になります。

また、焙煎度合いによっても味や風味が変化します。焙煎(ロースト)は生豆を煎ってから火を入れる作業で、豆は焙煎度合いにより酸味や苦味などが変化し、浅い焙煎状態をライトローストと言い、深いものをイタリアンローストと呼んでいます。焙煎が浅いと酸味が強くなり、焙煎が深いと苦味が強くなります。

 

レンタルコーヒーサーバーは非常に便利で、オフィスで気軽にコーヒーを楽しむことができます。アイスに対応しているものはもちろん、中にはカプチーノやエスプレッソを作ることが可能なものもあります。メーカーによってはコーヒー豆の産地を選ぶことができ、どのような機能に対応するかは異なるので、適切な機種を選択してからレンタルを申し込むと便利です。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧