【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

会社にレンタルコーヒーサーバーを置いておくと来客時に楽!

公開日:2018/12/15  最終更新日:2018/12/18

コーヒーサーバーがオフィスにあると来客の際に美味しいコーヒーを短時間で出すことができるので、来客の度にコーヒーを淹れる手間が省け楽になり、仕事の効率化にもつながることが期待できます。

高額なコーヒーサーバーはレンタルも可能なので、導入を検討するのも良い選択と言えます。

 

会社にコーヒーサーバーを導入するメリット

会社にコーヒーサーバーを導入するメリットは、来客時にその都度コーヒーを淹れる手間が無くなって楽になり、仕事を途中で止めることなく効率化にもつながりますし、社員など働く人達の気分転換やリフレッシュ効果などが期待できます。

コーヒーサーバーを会社に導入することで仕事中の休憩に利用しやすくなります。

またコーヒーの香りにはリラックス効果もあります。

香りには集中力を高める時にも有効で、ランチの後に飲んだり、仕事の途中で1杯飲むことで仕事の効率が向上することが期待できます。

リラックス効果や集中力を高めて仕事を効率的に進めるために効果を発揮しますが、オフィス内の円滑なコミュニケーションにも役立ちます。

コーヒーを飲むために同じ空間に集まるとコミュニケーションが始まります。

普段話すことがない人ともコーヒーをきっかけに会話をするようになることも考えられます。

コーヒーサーバーを導入することで来客時の対応が楽になるだけではなく、社内のコミュニケーションの活性化へつながることが期待できます。

 

コーヒーサーバーには種類があります

会社に導入できるコーヒーサーバーには種類があります。

大きく分けると3種類あり、1杯抽出タイプ、大量抽出タイプ、自動販売機タイプなどです。

1杯抽出タイプは、1度に1杯分をドリップすることが可能で、専用のカプセルとコーヒー袋を設置して飲みたい時にドリップします。

コーヒーを淹れる度にドリップするため本格的なコーヒーを楽しむことができますし、味の種類が多く気分によって様々な味を飲むことができます。

大量抽出タイプは、1度に数杯分のコーヒーをドリップすることが出来るため、来客が多い場合や、会議やセミナーなどでもこのタイプは重宝します。

会社に導入されているコーヒーサーバーもこのタイプが多いです。

自動販売機タイプは、社内に自動販売機を設置するタイプなので、スペースが必要になりますが、誰でも手軽にコーヒーを飲むことができます。

このうように、コーヒーサーバーには種類があります。

来客が多く会議などにも使用する場合には、一度に大量に抽出することが可能なタイプの導入を検討するなど、使用目的などに合わせてオフィスに合ったタイプを導入することができます。

 

コーヒーサーバーはレンタルも可能です

会社にコーヒーサーバーを導入する場合、マシンのコストも気になるものです。

コーヒーサーバーをレンタルしている会社にも特徴が様々で、オフィスコーヒーサービスのシェアを50%以上締めている最大手のメーカーは、通常のレンタルサービス以外にも最短で1日からの貸し出しも行っています。

来客が多く来る日がわかっていたり、イベントや展示会などには便利に利用できます。

設置から引き上げ、メンテナンスなど全てお任せできます。

スペシャリティコーヒーのみを採用しているメーカーでは、通常のブレンドコーヒー以外にも淹れたてのエスプレッソをオフィスで楽しむことが可能です。

多くのコーヒーサーバーのレンタルサービスを提供しているメーカーでは、レンタルプランがあります。

リーズナブルな価格で導入からアフターケアまで全て対応してくれるのは大きなメリットと言えます。

気になる費用ですが、レンタルプランは、マシンを購入する必要はなく、コーヒーマシンのレンタル料や設置料が無料ということが多いため、様々なオフィスでコーヒーサーバーの導入はしやすくなっているのも魅力です。

 

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧