【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーをあまり飲まない日はどうすればいい?

公開日:2020/07/15  最終更新日:2020/07/06

今や仕事の能率アップなどを目指して、オフィス内にコーヒーサーバーをレンタルし本格的なコーヒーを休憩時間に楽しむなどという企業も多くあります。個人でもレンタル利用する人も増加しつつあり、個人・法人問わず利用が広がっています。

ただ、休日出勤などでオフィスにあまり人がおらず、あまりコーヒーを飲まないという日もあるのではないでしょうか。そんな日にどうすれば良いかと悩んでいる人も多いと聞きます。

掃除をして味が落ちないようにしよう

レンタルしたコーヒーサーバーも、休日出勤や外回りの社員が多くオフィスにあまり人がいないなど、コーヒーをほとんど飲まない日もあるかと思います。そんな日にすべきことの候補の一つに、コーヒーサーバーの清掃があります。メーカーが定期的に清掃に来てくれるというケースもありますが、自分たちで清掃などをおこなわなければいけないケースも多いようです。

メーカーが定期清掃に来てくれるというケースでも、美味しいコーヒーを飲み続けるためには、自分たちでも清掃することは欠かせません。味を保つために入念に清掃しておきたいのが、コーヒーのカスと水垢の汚れになります。その際注意しておきたいのが、洗剤を利用しないようにするということです。

コーヒーメーカーの構造は複雑なので、水洗いの際に洗剤が残ってしまう可能性があります。そうすると味の面はもちろん、健康を害してしまいます。さらに、レンタルのコーヒーサーバーなので、洗剤を利用した際のサーバーの不具合というのも怖い所です。

そこで活躍するのが、重曹とクエン酸という自然素材による清掃方法です。コーヒーメーカーを説明書の記載に沿って分解し、コーヒーカスで黒ずんでいる部分には重曹を、水垢が気になる部分にはクエン酸を少量それぞれ水に溶かして清掃しましょう。洗い落とす場面でも、傷をつけないように使い古しの歯ブラシを使うなど気を遣って清掃してください。

新たなフレーバーの導入を検討しよう

今やコーヒーメーカーでは、コーヒーだけでなくいろいろなフレーバーのドリンクを楽しめる時代になりました。あまり飲まない日に新たなフレーバーの導入を検討してみるのもよいでしょう。特に最近では、コーヒーの苦みは得意ではないが風味を楽しみたいという人向けに、香り付きのフレーバーコーヒーがブームのようです。

香ばしいナッツや上品な甘みのあるバニラ、スイーツ感覚で楽しめるキャラメルなど多種多彩なフレーバーが楽しめます。さらにはコーヒーだけでなく、抹茶ラテなどといったドリンクをコーヒーメーカーで楽しめる機種もありますので、この際に各メーカーのラインナップを確認してみるのもよいでしょう。

電気代を節約するための行動を取ろう

あまりコーヒーを飲まない日には、電気代の節約になるような行動を取るのもよいでしょう。具体的に考えられるのが、待機電力をなくすようにコンセントを抜いておくことです。ただ、レンタルコーヒーメーカーの中には、コンセントを抜かずとも電源をオフにするだけで待機電力がかからないタイプもあります。

レンタルしているもののタイプを確認し、必要な行動を取りましょう。また、保温機能がついているタイプのものであればそれもオフにすると節約できます。不要な機能をこまめにオンオフすることは、製品の故障を防ぐという意味でも非常に大事です。

 

上記のように、コーヒーメーカーをあまり利用しない日にできることはいろいろあります。使わない日にただ放っておくのではなく、すべきことをして今のコーヒーメーカーと長くつきあえるようにすることが大事です。使わない日にそうした気遣いをすることは、少しの変化を見逃さないようにする意味でもとても重要になります。

こまめに見ることにより、不具合のサインを見逃さないようにすることが可能になります。飲まない日にも気にかけて、美味しいコーヒーを楽しみましょう。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧