コーヒーにミルクを入れることの効果とは?抗炎症作用が2倍に!? | オフィス用コーヒー(マシン)サーバーレンタルおすすめ5選

【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

コーヒーにミルクを入れることの効果とは?抗炎症作用が2倍に!?

公開日:2023/12/01  最終更新日:2023/11/27


コーヒー愛好者ならば、ミルクを入れることでコーヒーの味わいがどれだけ変わるかを実感していることでしょう。しかし、それだけでなく、科学的な研究によれば、コーヒーにミルクを加えることが健康にもたらす効果があることが示唆されています。この記事では、コーヒーにミルクを入れることの健康効果を解説していきます。

抗炎症作用が2倍になる可能性あり

コーヒーに含まれるポリフェノールが抗酸化作用や抗炎症作用を有することは以前から知られていますが、デンマーク・コペンハーゲン大学の研究によれば、ポリフェノールとアミノ酸の組み合わせが抗炎症作用を2倍に高める可能性が浮上しました。研究では、マウスの免疫細胞を用い、ポリフェノールだけとポリフェノールとアミノ酸(システイン)を組み合わせて投与した場合の炎症関連因子の産生を比較しました。

その結果、ポリフェノールとアミノ酸を組み合わせた場合、単独のポリフェノールよりも炎症が半減することが確認されました。研究チームのMarianne Nissen Lund氏によれば、この発見はポリフェノールがアミノ酸と反応することで免疫細胞の炎症を効果的に抑制することを示しており、今後は動物実験を経てヒトでの効果検証を進める考えです。

以前の研究では、ポリフェノールが肉製品やミルク、ビール中のタンパク質と結合することが実証されており、ミルク入りのコーヒーでもポリフェノールとタンパク質の反応が起きていることが結論されました。この知見から、ポリフェノールを含む食品とタンパク質を組み合わせることで抗炎症効果を高める可能性が示唆され、今後の研究で更なる成果が期待されます。

カフェインの効果を持続させる

カフェインの効果を持続させるコーヒーの飲み方について、興味深い研究結果があります。Youngら2013年の実験によれば、ブラックコーヒーを摂取すると30分で気分が改善しますが、その効果が90〜150分で切れ、逆に疲労感が増すとの結果がありました。

しかし、同じ実験でカフェインと乳製品を混ぜて飲んだ場合は、良い効果が持続したという報告があります。実験結果から見ると、脂肪分がカフェインの吸収を緩やかにし、コーヒーのメリットを長続きさせる可能性が考えられます。

そのため、カフェイン効果をより持続させたいのであれば、コーヒーにミルクかクリームを加えることが効果的と言えるでしょう。

一方で砂糖を入れただけでは同じ効果は期待できないとの指摘もあります。ミルクやクリームは脂肪分を含んでおり、これがカフェインの吸収をおだやかにする要因と考えられます。

胃への負担を和らげる

コーヒーは美味しい一方で、摂り過ぎると胃に負担をかけることがあります。カフェインや酸が豊富なコーヒーは、一部の人にとっては胃の不快感を引き起こすことがあります。そこで、胃に負担をかけない飲み方として、ミルクを加えることが効果的です。

ミルクをコーヒーに加えることで、その豊かな風味にクリーミーさが加わり、コーヒーの刺激が和らぎます。同時に、ミルク中の脂肪がコーヒーの酸味を中和し、胃にかかる負担を軽減する役割を果たします。これにより、コーヒーの楽しみを損なうことなく、胃への負担を最小限に抑えることが可能です。

また、ミルクを加えることでコーヒーのカフェインの吸収が緩やかになり、一度に大量のカフェインが胃に流れ込むことを防ぐことも期待されます。これにより、コーヒーの刺激がより穏やかに感じられ、胃への負担がより軽減されるでしょう。

まとめ

コーヒーにミルクを加えることは、単なる味のアレンジだけでなく、健康にもポジティブな影響をもたらすことが分かりました。抗炎症作用の増大やカフェインの効果の持続、そして胃への負担の軽減など、ミルクとコーヒーの組み合わせは多くのメリットがあります。この記事を通じて、良いコーヒータイムを過ごすための知識を得ることができれば幸いです。しかし、個々の体質や健康状態には差があるため、新しい習慣を導入する際には注意が必要です。しっかりと自身の体調を把握し、適切にコーヒーを楽しむことが大切です。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
FVジャパンの画像
記事一覧