【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

コーヒーサーバーの購入とレンタルそれぞれのメリット・デメリットを確認!

公開日:2022/02/01  最終更新日:2022/02/16


オフィスにコーヒーサーバーを導入することで、従業員の生産性を向上させることが期待できます。コーヒーに含まれるカフェインによって眠気覚ましの効果もあり、近年多くの企業でコーヒーサーバーの導入が検討されつつあります。そこで、今回はコーヒーサーバーの購入とレンタル、それぞれのメリット・デメリットについて解説しましょう。

オフィス用コーヒーサーバーの種類ごとの特徴

コーヒーサーバーを導入することで、従業員がより働きやすい環境を作ることができるでしょう。休憩時間だけでなく、会議中などでも非常に役に立つのがコーヒーサーバーです。しかし、コーヒーサーバーにはいくつかの種類があり、それぞれの特徴を理解したうえで最適なものを選ぶことが重要です。

たとえば、一杯抽出型タイプの場合、あらかじめコーヒー豆や粉をマシンに設置しておけば、ボタン操作一つでいつでも一杯分のコーヒーを抽出してくれるというもの。コーヒーを飲みたいときに一杯分だけドリップしてくれるので、淹れたてのコーヒーの風味や味を楽しむことができるでしょう。

一方、ブリューワー型の場合はボタン操作でコーヒーを抽出できることについては一杯抽出型と同じです。しかし、一度に複数杯のコーヒーを淹れられるのがブリューワー型の特徴といえるでしょう。一度に複数杯分のコーヒーを淹れられるので飲む人が多いときは非常に便利です。

ただし、飲まない人がいる場合は捨ててしまわなければならないというデメリットもあります。そして、自動販売機型のコーヒーサーバーは従業員がお金を入れてコーヒーを購入するというものです。従業員が好きなコーヒーを選ぶことができるので、気分に合わせて自由にコーヒーを選べるのが特徴です。しかし、自動販売機型コーヒーサーバーはマシン自体が大きいため、置き場所を考えておく必要があるでしょう。

オフィス用コーヒーサーバーを購入するメリット・デメリット

オフィス用コーヒーサーバーを購入するメリットは、毎月のランニングコストを抑えられるという点です。マシン自体を購入しているため、レンタル料などが発生せずランニングコストを抑えることができます。

ただし、マシンによっては初期費用が高額になってしまうことがあります。また、せっかく購入したにも拘わらず、あまり使われないと費用対効果が薄れてしまうというデメリットもあるようです。

オフィス用コーヒーサーバーをレンタルするメリット・デメリット

最近は、オフィス用コーヒーサーバーを購入するのではなく、レンタルできるサービスが増えつつあります。初期費用をかけずにコーヒーサーバーを導入できるのが、レンタルの最大のメリットといえるでしょう。また、マシンのメンテナンスや保証などがついているプランもあるため、万一の故障も安心できます。

さらに、必要なくなったときは返却できるのもレンタルのメリットです。

しかし、コーヒーサーバーを購入しているわけではないため、コーヒーサーバーを使用する限り半永久的にレンタル費用を支払わなければならないという点がデメリットといえるでしょう。また、プランによってはコーヒーの銘柄が決められている場合もあるため、自由にコーヒーを選べない可能性もあります。

 

オフィスにコーヒーサーバーを導入することで、従業員が好きなときにコーヒーを飲めるようになります。また、休憩時間や会議のときにコーヒーを飲むことでリフレッシュでき、仕事の効率が上がることも期待できるでしょう。コーヒーサーバーの導入する場合、購入するのかレンタルするのか検討しなければなりません。それぞれの特徴やメリット・デメリットを理解して、最適な方法を選ぶようにしましょう。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
FVジャパンの画像
記事一覧