【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

コーヒーサーバーをレンタルするなら知っておきたい!マンデリンの特徴

公開日:2021/06/15  最終更新日:2021/03/09


コーヒーサーバーをレンタルする時には、サーバーと一緒にコーヒーを注文することになります。注文する前にコーヒーの種類について知っておくと、注文するとき役立つでしょう。人気の高い品種の一つである、マンデリンとはどんな特徴があるのでしょうか。味だけではなく、保管方法や淹れ方についても理解しておくと役立ちます。

マンデリンの主な産地はどこ?

マンデリンは日本でも古くから飲まれているコーヒーの一種で、インドネシアのスマトラ島で主に栽培されている豆です。インドネシアでは1696年から栽培が開始されており、現在では生産量が世界でも5本の指に入るコーヒー産地として知られています。

その中でもスマトラ島の一部だけでしか栽培されていないアラビカ種の豆の事をマンデリンと呼ぶようになりました。呼ばれる理由は、スマトラ島に住むマンデリン族がメインとなって栽培をしたからだといいます。インドネシアで栽培されているコーヒー豆の9割以上が病気に強いロブスタ種と呼ばれる品種で、アラビカ種は1割弱しかありません。

そのため、純粋なマンデリンは非常に希少といってもいいでしょう。品質はG1からG5まで存在し、最高級品質がG1となります。さらに標高が1400から1900メートルほどの高さにある一部の産地で育てられた豆は、スーパーグレードと呼ばれる等級で取引されることが多いです。

味にどんな特徴のある豆なのか?

コクと苦みが主な特徴といわれており、苦みを好む利用者に人気の高い品種です。コーヒーの中でも酸味が苦手な人に愛されているタイプで、酸味は控えめで苦みがほかの品種よりも強いといいます。また、他のコーヒーよりもコクがあるため、1杯でも「コーヒーを飲んだ」と実感したい人に向いている味です。

日本では深煎りが愛される傾向が強いですが、深煎りしても味がなくならないどころか、酸味が消えて重厚な味わいを残すことができる豆として知られています。なお、えぐみを感じることがないため、純粋にコーヒーのおいしさを堪能したい人向けです。

ハーブやシナモンのような味わいと例えられることも多く、味覚の鋭敏な人には大地のような味わいといわれることも少なくないといいます。レンタルのコーヒーサーバーを提供している会社でも複数の企業で取り扱っており、ビジネスシーンでも人気の高い味といえます。純粋な物だけではなく、他の豆とブレンドにして提供しているところも少なくありません。

どんな淹れ方をしたら美味しく飲めるのか?

一般的には中煎りから深煎りにして飲むことで、豆のよさを実感できます。コーヒー豆の煎り方は8種類程度存在しており、その中でも比較的深煎りに近い物の方が味わい深いです。浅煎りの場合、深煎りでは実感できない酸味を感じるようになるため、酸味が苦手な人にはおすすめできません。

ネルドリップで淹れたほうがおいしいと考える人もいるため、味にこだわりたい企業の場合、ネルドリップを取り扱っている機種があるか、コーヒーサーバーをレンタルしている企業に問い合わせてください。ただし予算の関係もあるため、味にこだわらず紙のドリップで問題ないと感じる場合は、ペーパードリップ式のコーヒーサーバーをレンタルするといいでしょう。

ブラックで飲むと苦みや深いコクを堪能できますが、ミルクとの相性が抜群によいため、カフェオレやカフェラテにして飲むのもおすすめです。また、ミルクが苦手な人の場合は無調整の豆乳でソイラテにしてもおいしく飲むことができます。

 

インドネシアのスマトラ島の一部地域で栽培されているマンデリンは、苦みとコクが強く、酸味の少ない品種です。飲むときに中煎りから深煎りにしてネルドリップで飲むとおいしさが際立ちます。また、ミルクや豆乳と一緒にしても楽しめるでしょう。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧