【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

レンタルコーヒーサーバーの毎日のメンテナンス方法

公開日:2021/07/15  最終更新日:2021/04/12


快適にレンタルコーヒーサーバーを使用するには、日々のメンテナンスを欠かさないことが大切です。コーヒーの味や故障リスクにつながるポイントでもあるため、使いっぱなしで放置しないようにしましょう。メンテナンスのやり方はとくに難しいものではなく、使用時の習慣として簡単に行うことができます。この記事ではメンテナンス作業について紹介します。

コーヒーサーバーが汚れる原因は?

そもそもコーヒーサーバーがなぜ汚れてしまうのでしょうか。主な原因としては水垢やコーヒーそのものによる汚れです。水垢は、コーヒーサーバーで水を使うことから避けては通れない汚れといえます。水垢は蓄積されていくと雑菌がたまってしまう原因になりえるのです。

さらに、ガラスサーバーに水垢が発生すると見た目にもよくないため、ゲスト用などで使っている場合は不快感を与える恐れもあります。そのためにもコーヒーサーバーのメンテナンスを行うことが大切なのです。コーヒー自体も汚れの原因のひとつで、粉状にして抽出をするために細かい汚れがついてしまいます。

放置しておくと雑菌の原因となり、抽出をする際にも古い粉が侵入してしまうことも考えられるのです。劣化した粉は衛生的にもよいものではありません。溜まった粉による故障の原因にもなります。メンテナンス不足によるレンタルコーヒーサーバーのトラブルは、自費修理となる可能性もあるため、日々のお手入れを欠かさないようにしましょう。

メンテナンス方法をチェックしよう

基本的に取り外せる箇所はすべて洗うようにしましょう。レンタルコーヒーサーバーによって多少の違いはありますが、ドリッパーやサーバーなどは外せるようになっており、簡単に洗える仕様になっています。どこまで外してよいのか迷った時には、説明書を確認してメンテナンス箇所を把握しておきましょう。

無理に分解をすると故障の原因になるため、やみくもに取り外してしまうのは厳禁です。洗浄については流水ですすぐ程度で問題はありませんが、汚れがひどい場合は洗剤を使って洗うこともできます。浸け置きをしておくと頑固な汚れも落ちやすくなるはずです。

ただし、どこまで洗えるかは、コーヒーサーバーによって違いもあるため、説明書でしっかりと確認しておく必要があります。取り外せない部分が汚れてしまうこともありますが、そのような箇所は柔らかいクロスで拭いたり、ブラシで粉を払ったりしてメンテナンスを行いましょう。細かい箇所についてはレンタル会社が行ってくれるため、無理に実践する必要もないようです。

メンテナンスのしやすさで選ぶことも大切

コーヒーサーバーのメンテナンスが日常的に生じると煩わしく感じるかもしれません。扱いに手間がかかることで使用をためらうようになることもあります。そのため、できるだけ簡単な手入れで済むコーヒーサーバーを選ぶのもおすすめです。判断のポイントは、まず容易に取り外して洗える構造になっているかどうかです。

メンテナンスのことも考えた設計のコーヒーサーバーは、ワンタッチで分解ができるようになっており、サッと外して簡単に洗い流すことができます。逆に形状が複雑で取り外しに手間がかかるコーヒーサーバーの場合は不便に感じやすいでしょう。

洗い方に細かい指定がないかどうかも大切です。丸洗いができ、必要があれば洗剤を気兼ねなく使えるタイプの方が管理は楽でしょう。また、使用されている素材によって汚れの落ちやすさも違ってきます。衛生さを保ちやすい素材が使われているコーヒーサーバーを選んだ方が、メンテナンスが容易にできるでしょう。

 

オフィスにレンタルコーヒーサーバーを導入する企業は増えています。メンテナンスを行うことで、いつでも美味しいコーヒーを楽しむことができるのです。そのため、手入れは欠かさないようにしましょう。また、管理のことも考えたコーヒーサーバー選びを行うことも大切です。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧