【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

コーヒーサーバーの耐用年数はどのくらい?寿命のサインや長く使うコツ

公開日:2021/08/15  最終更新日:2021/08/05


「いつでもおいしいコーヒーを飲みたい」と考えて、コーヒーサーバーを利用するオフィスや家庭が増えています。しかしコーヒーサーバーは機械であるため、いつかは寿命がくるものです。この記事では、コーヒーサーバーの寿命について解説します。コーヒーサーバーを長く使うコツもお伝えするので、ぜひ参考にしてください。

コーヒーサーバーの寿命

コーヒーサーバーの寿命は5年だと言われています。その理由としては、家電メーカーが定める「補修用性能部品の保有期間」が5年だからです。このように定められたものがあるため、5年以内に故障したとしても、修理すれば使用し続けられると言えます。つまり、もし購入から5年以上経ってから故障した場合は、買い替えのタイミングであると言えるでしょう。

とはいえ、必ず5年で壊れるということではありません。コーヒーサーバーのような家電製品は、日ごろからどういう頻度で使っているか、利用する環境によっても寿命が変化します。そのため大切に利用すれば5年以上使用することも可能です。逆に雑にコーヒーサーバーを扱うと、5年以下で故障して利用できなくなるケースもあります。したがって、ひとつの目安として、コーヒーサーバーの寿命は5年と考えておいてください。

コーヒーサーバーの寿命のサイン

では、どのような症状が出たらコーヒーサーバーの寿命のサインと考えることができるのでしょうか?寿命のサインとしては、コーヒーがぬるくなることが挙げられます。コーヒーサーバーの内部では、ヒーターを使用して水を沸騰させています。そのお湯を利用して、熱いコーヒーを作り出しているのです。

しかしこのヒーターに水が入ると機能が下がり、通常のような熱さのコーヒーを作ることができません。なので、いつもよりぬるいコーヒーしか作れなくなったときは、コーヒーサーバーの寿命がきたかもしれません。

また、給水不良により上手くコーヒーが抽出できなくなる場合も、コーヒーサーバーの寿命がきたサインと言えるでしょう。そのため給水不良が起きたときは、給水タンクの底や接合部にコーヒーのカスや水垢が溜まっていないのかを確認してください。そして、もし汚れていたらきれいに掃除しましょう。それでも、給水不良が続くなら、コーヒーサーバー本体の寿命であるため、買い替えることをおすすめします。

コーヒーサーバーを長く使うコツ

コーヒーサーバーを少しでも長く使いたいと思う人が多いと思います。ここではそんな方におすすめのコーヒーサーバーの寿命をのばすコツを紹介します。

まず、コーヒーサーバーが濡れているときはセットしないよう気をつけてください。濡れた状態でコーヒーサーバーを利用すると、コーヒーサーバー内のヒーターが壊れやすくなります。なので、利用する前にサーバーを拭くことを心がけるとよいでしょう。

また、給水タンクの蓋をきちんと閉めることも大切です。蓋をしっかり閉まっていれば、コーヒーの粉がサーバー内に入ってくることを防ぐことができます。コーヒーの粉は故障の原因になりやすいので、コーヒーサーバーを使うときを注意してください。日々の心がけでコーヒーサーバーの寿命は延ばすことが可能です。めんどくさがらずに意識してみてください。

 

この記事では、コーヒーサーバーの耐用年数や寿命、寿命をのばす方法を解説しました。コーヒーサーバーを使えば、おいしいコーヒーを飲むことができます。しかしコーヒーサーバーを雑に扱うと、せっかく購入したコーヒーサーバーが壊れやすくなってしまいます。そのため、少しでもコーヒーサーバーが長持ちするように、日々のお手入れから気をつけるようにしましょう。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
ダイオーズの画像
FVジャパンの画像
記事一覧