【オフィス利用におすすめ!】人気の高いコーヒーサーバー(マシン)のレンタル・リース業者比較5選をご紹介!

コーヒーサーバーの掃除方法とは?メンテナンス時の注意点を学ぼう!

公開日:2022/01/15  最終更新日:2022/02/01


コーヒーサーバーは「仕事の合間にちょっと一息」というときに大変助かる存在です。しかし、コーヒーサーバーを導入する場合に問題になるのが汚れ、使い続けていれば当然ながら汚れが溜まるため、掃除しなければいけません。そこで当ページでは、コーヒーサーバーが汚れる原因や掃除方法についてご紹介します。

オフィスにコーヒーサーバーを導入する方法

コーヒーサーバーをオフィスに設置する方法は、サーバーの購入やレンタル、そして自販機の3種類です。どれも美味しいコーヒーが飲めますが、それぞれメリットとデメリットがあるので導入する際は注意してください。

購入

コーヒーサーバーは、自社で購入することが可能です。購入の場合は、コーヒーの価格を安く抑えることができ、好きなコーヒー豆を選べるといったメリットがあります。ただし、初期費用(購入費)が高く、自社でメンテナンスをするといった手間が発生します。

レンタル

コーヒーサーバーは、レンタルでも導入できます。レンタルの場合は、購入費用が省けますし、メンテナンスも自社で行う必要がありません。サービス内容にもよりますが、メンテナンスをはじめ、コーヒー豆の補充なども行ってくれる点は大きなメリットです。一方、コーヒー豆が指定されるため、多少割高なコーヒーになってしまうでしょう。

自販機

自販機を設置すればいつでも美味しいコーヒーが楽しめます。自販機の場合は、設置は無料とするところが多く、いつでも簡単に購入できる点がうれしいところです。また、補充やメンテナンスも行ってくれるため、自販機の維持も簡単です。ただし、コーヒーサーバーに比べると大型のものが多く、電気だけでなく水も必要になってきます。

コーヒーサーバーが汚れてしまう原因

コーヒーサーバーは、使っているうちに必ず汚れが付着します。掃除の回数を減らすためにも、汚れる原因を把握しておきましょう。

水垢の白い汚れ

コーヒーサーバーを使っていると、徐々に白い水垢が付着していきます。水垢は水分が蒸発した際に残ったミネラル分(カルシウムやマグネシウムなど)のため、付着している部分はどんどん白くなってしまうのです。そもそもコーヒーには必ず水を使うので、定期的な掃除は必要不可欠です。

黒い汚れ

黒い汚れが出てきた場合は、コーヒー渋が主な原因です。コーヒー渋は、ポリフェノールが含まれているため、使っているコーヒーサーバーはもちろんのこと、コーヒーカップなども黒くなってしまいます。

コーヒーサーバーの掃除方法

コーヒーサーバーを清掃するときは、サーバーの各パーツを取り外し、一つずつ水洗い(水拭きも含む)しましょう。また、水洗いする場合は、洗剤は使用しないでください。洗剤の臭いが残ってしまうとせっかくのコーヒーが台無しです。また、水洗い(水拭き)をした後は、しっかり乾燥させてください。最初に水分を拭きとり乾燥させると、清潔な状態になります。

月一回の掃除方法

前述した掃除以外に、月一回くらいのペースでコーヒーサーバーの内部も洗浄しましょう。洗浄する際に使用するのはクエン酸、コーヒー1杯で1gを目安にクエン酸と水だけでドリップさせてください。また、メンテナンスを行う前に、浄水フィルターがある場合は、メンテナンス前に取り外しておきましょう。最後に水だけで何度かドリップさせれば清掃は完了です。

 

コーヒーサーバーの汚れの主な原因は、コーヒー渋と水垢です。美味しいコーヒーを飲むため、そして清潔に保つためにも、購入した際は小まめに清掃しておきましょう。もし、小まめな清掃が難しいときは、レンタルもおすすめです。日頃のメンテナンスを頭に入れた上で、会社に適した方法でコーヒーサーバーを導入してください。

サイト内検索
コーヒーサーバーレンタル一覧
第1位 ダイオーズ
FVジャパンの画像
記事一覧